内部統制システム

当社は、経営の健全性・透明性を確保し、経営理念を実現させるため、以下の内部統制に関する体制を整備しています。

「内部統制報告制度」への対応

当社は、金融商品取引法に基づく「内部統制報告制度」に対応するために、金融庁の基準等に示されている内部統制の基本的枠組みに準拠して、財務報告に関わる内部統制を整備・運用するとともに、その状況を評価し、必要に応じて改善しています。なお、同制度に従って作成した、財務報告に関わる内部統制が有効であるとした直前の連結会計年度に関する内部統制報告書については、監査人からすべての重要な点について適正に表示しているとの意見表明がなされています。

体制の概要

  1. 取締役の職務執行が法令・定款等に適合することを確保するための体制
  2. 取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制
  3. 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
  4. 損失の危険の管理に関する規程その他の体制
  5. 使用人の職務執行が法令・定款・その他のルールに適合することを確保するための体制
  6. 子会社を含む企業集団における業務の適正を確保するための体制
  7. 監査役の職務を補助すべき使用人に関する事項、および当該使用人の取締役からの独立性に関する事項
  8. 取締役及び使用人が監査役に報告するための体制、その他の監査役への報告に関する体制、および監査役の監査が実効的に行われることを確保する体制

内部統制システムの整備に関する基本方針 [PDF:239KB]