東京ガスグループのサステナビリティ

サステナビリティ推進の考え方

東京ガスグループは、事業活動を通じた社会課題の解決によって社会価値および財務価値を創出し、永続的な企業経営を行うことで、持続可能な社会の実現に貢献していきます。
サステナビリティの推進にあたっては、国際的なサステナビリティ情報開示のガイドラインである「GRIスタンダード」や社会的責任に関する国際規格である「ISO26000」等をもとに、マテリアリティ(サステナビリティ上の重要課題)を特定しています。

サステナビリティ推進の考え方

サステナビリティ推進の考え方

サステナビリティ推進体制

当社グループでは、サステナビリティ推進は重要な業務執行に関わる事項として、執行役の合理的な意思決定を支援する会議体において審議すること等により、的確かつ迅速な意思決定と、効率的な業務執行を実現するよう取り組んでいます。また、取締役会の決定に基づく業務執行については、取締役は適宜その執行状況を報告させるとともに必要に応じて討議を行っています。さらに、サステナビリティ推進に関する会議体として社長を委員長とする「サステナビリティ委員会」を設置し、重要事項は取締役会に報告しています。

サステナビリティ推進体制図 サステナビリティ推進体制図

マネジメント

変化する社会の期待や要請を常に捉えるとともに、事業の方向性と合わせてマテリアリティを特定し、マテリアリティに関する目標を定め、事業活動を通じた取り組みを行っています。取り組み内容や目標の達成状況については情報開示を行い、広くステークホルダーからの意見を収集し事業活動に反映させることで、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

PDCAサイクル

PDCAサイクル

関連リンク

外部イニシアティブへの参加

国連グローバル・コンパクト

国連グローバル・コンパクトは、「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」の4分野において、企業・団体が実践することが求められる10の原則です。当社は2016年3月に、国際社会の良き一員として、グローバルな視点でサステナビリティを推進すべく、国連グローバル・コンパクトの支持を表明しました。

国連グローバル・コンパクト

持続可能な開発目標(SDGs)

持続可能な開発目標(SDGs)は、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でより良い世界を目指すための17の国際目標です。当社グループでは、事業活動を通じて社会課題の解決に取り組むことで、SDGs達成にも貢献していきます。

持続可能な開発目標(SDGs)

関連リンク

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)

気候変動関連のリスクと機会が企業の財務へ大きな影響を与え、金融が不安定化するリスクを低減するため、G20からの要請で、金融安定理事会(FSB)が2015年12月に気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)を立ち上げ、2017年6月にTCFDの最終提言が公表されました。当社は、TCFDが気候変動問題に関する情報開示やステークホルダーとの対話を進める上で有効な枠組みになると考え、2019年5月にTCFD提言に賛同しました。2020年度からはTCFD提言に沿った情報開示を行っており、引き続き、気候変動が当社グループの事業活動に与える影響とそれに対する取り組みについて、適切な情報開示を行っていきます。

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)

教育・理解浸透

当社グループでは、各種研修、イントラネット、グループ内広報誌、社内SNSツール等でサステナビリティに関する情報を発信することで、従業員が日々の仕事を通じて持続可能な社会の実現に貢献していくための意識啓発に努めています。
また、従業員一人ひとりがSDGsについてより理解を深めることを目的として、SDGsに特化した研修やSDGs解説動画の発信等も実施しています。

2020年度の研修実績

研修内容 対象者 実績
階層別研修 入社時、入社3年目、資格昇格時 1,322名参加
職場別研修 研修を希望した職場 5回実施
研修内容
階層別研修
職場別研修
対象者
入社時、入社3年目、資格昇格時
研修を希望した職場
実績
1,322名参加
5回実施
ページトップへ