技術開発

~ Open & Digital 東京ガスが挑む新たなイノベーション ~

私たち東京ガスグループは、これまでさまざまなイノベーションに挑み、自らの事業と社会を変革してきました。そして今、自由化(Deregulation)、脱炭素化(De-carbonization)、多様化(Diversification)、デジタル化(Digitalization)など、エネルギーを取り巻く事業環境が激変する中、新たなイノベーションが求められています。

東京ガスでは、これまで築き上げてきたエネルギー事業における強みを最大限に活かしながら、異なる分野の技術やビジネスモデル、アイデアを柔軟に取り込むことにより、次なる変革を引き起こし、経営ビジョン『Compass2030』で掲げた3つの挑戦、1.「CO2ネット・ゼロ」をリード、2.「価値共創」のエコシステム構築、3.LNGバリューチェーンの変革を進めていきます。

 

3つの挑戦を達成するために、今、東京ガスではさまざまな「技術開発」に取り組んでおり、これからは、これまで培ってきたエネルギー事業に関連する「研究開発」に加えて、「デジタルイノベーション」と「オープンイノベーション」という新たな取り組みを推進していきます。

 

【オープンイノベーション】

多様化するお客さまのニーズや社会課題を的確にとらえ、いち早く新たな価値を共創するため、東京ガスではオープンイノベーションを推進していきます。従来、研究開発でおこなわれてきた大学や他社との連携を強化するなどの取り組みに加えて、シリコンバレーにオープンイノベーションの活動拠点を設立し、有望なスタートアップへの出資などもおこなっていきます。

【デジタルイノベーション】

デジタル分野を中心とする近年の革新的技術を駆使することにより、LNGバリューチェーンの各機能の最大化や分散型エネルギーリソースの活用を実現します。また、人工知能や機械学習など、最新のデータアナリティクスを取り入れることにより、1,000万件におよぶ東京ガスのお客さま理解とサービスの更なる向上に努めていきます。

 

【研究開発】

近年、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーとともに、CO2フリー水素が注目を集めています。東京ガスでは「CO2ネット・ゼロ」の実現に向け、CO2フリー水素の製造から利用に至るそれぞれの段階で検討されている技術を俯瞰し、将来における水素社会の在り方を検討しています。また、スマートエネルギーネットワークやガススマートメーターシステムの開発など、エネルギーの高度利用・供給に向けた研究開発にも取り組んでいます。

『東京ガスの目指すイノベーション』 動画