社長メッセージ

お客さま、株主さま、ご関係のみなさまには日頃より東京ガスグループをご愛顧、ご支援いただきましてまことにありがとうございます。心より御礼申し上げます。

この1年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け大変厳しい事業運営となりましたが、その中でも東京ガスグループは「決してエネルギーを止めてはならない」という信念のもと取り組んでまいりました。新型コロナウイルスの影響はまだ続きますが、エネルギーの安定供給・保安の確保を第一に、お客さまに安全・安心を提供すべく尽力してまいります。

2019年11月、東京ガスグループは「脱炭素化の潮流」、「デジタル化」、「お客さまの価値観の変化・多様化」、「エネルギー自由化」等取り巻く事業環境が激変する時代における進むべき方角を示す羅針盤として、東京ガスグループ経営ビジョン「Compass2030」を策定しました。そのビジョンにおいて「3つの挑戦」(①CO2ネット・ゼロをリード、②価値共創のエコシステム構築、③LNGバリューチェーンの変革)を通じて、次世代のエネルギーシステムをリードしながら、お客さま・社会・ビジネスパートナーとともに価値を創出し続ける企業グループを目指す覚悟をお示しいたしました。

特に「脱炭素化の潮流」は、新型コロナウイルス禍からの経済復興・グリーンリカバリーの動きによりさらに加速し、2020年10月、日本政府も2050年のCO2排出実質ゼロを目標に掲げました。我々は経営ビジョンをさらに強化して、このパラダイムシフトをもリードしていきます。

そのために我々はESGの視点を一層重視し経営を深化させ、以下の取組みを確実に推進していきます。

E:環境

  • 再生可能エネルギー電源の導入拡大、脱炭素社会への移行(トランジション)期において重要な役割を果たす天然ガスの有効利用を通じ、地球規模でのCO2排出量削減に貢献します。
  • 将来の脱炭素社会の実現へ向け、水素・CO2マネジメント(CO2回収、活用、貯蔵)に関する技術開発・実用化を推進します

S:社会

  • これまでのエネルギーの安定供給によるみなさまの暮らし・社会への価値提供に加えて、分散型エネルギーシステムをはじめとした多様なサービス・ソリューション展開を通じて、地域社会へ貢献します。
  • 少子高齢化、単身世帯の増加など多様な都市生活課題にこたえるメニューを拡大するとともに、デジタル化が加速する中でも「人」でしか行えないラストワンマイルサービスの価値を一層高め「住まいのお困りごとなら東京ガス」を実現します。

G:ガバナンス

  • 監査役会設置会社から指名委員会等設置会社へ移行、業界をリードするコーポレートガバナンス改革を志向し、経営から改革を実行します。
  • 2022年の導管部門の法的分離を好機ととらえ、ホールディングス型のグループ体制へ移行し、事業子会社・社内カンパニーが自律的に成長し、それがグループ価値の最大化につながる仕組みづくりを目指します。

東京ガスグループの最大の強みは、135年間の歴史の中でお客さまをはじめとするステークホルダーのみなさまと培ってきた「安心、安全、信頼」のブランド価値です。保安の確保、安定供給はもとより、コンプライアンスに留意し、誠実にお客さまと向き合うことで、今後ともこのブランド価値を守り続ける所存です。引き続きみなさま方のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

「エネルギーとソリューションを 暮らし、都市、地球の未来に」東京ガスグループは、みなさまとともに未来を切り拓いてまいります。

2021年4月
代表取締役社長
内田 高史

ページトップへ