事業紹介

海外事業

概要

Compass2030で掲げた目標の実現に向けて、北米、豪州、東南アジア、欧州において、資源開発事業、再生可能エネルギー事業、LNGインフラ事業を中心として展開し、海外事業を拡大していきます。

強み

  • 国内で培った中下流事業に関するノウハウ
  • 原料調達活動や事業等において得られたグローバルネットワーク

リスク

  • 各国固有の法規制・商習慣への対応等による事業運営の停滞・費用負担増、事業機会の逸失等
  • 海外事業全般における原油・ガス価格・外国為替相場の変動による収支への影響

北米

資源開発事業

これまでの事業運営経験や出資先への人員派遣等を通じて得た現地の市場・規制や事業構造の知見を活かし、資源価格の動向やガス田の生産性・埋蔵量を慎重に確認しながら優良資産へ投資していきます。

中下流事業

然ガス火力発電事業に加え、再エネ発電事業についても、メキシコでの仏エンジ-社との協業に続き、米国で当社単独での 太陽光発電(アクティナ)に取り組んでおり、今後も注力していきます。

東南アジア

中下流事業

LNG基地・発電のエネルギーインフラ構築等ハード面での参画に加え、需要開拓、LNG基地オペレーション、LNG調達等ソフト面においても貢献し、LNGバリューチェーン全体に幅広く価値を提供していきます。

豪州

資源開発事業

東アジアへの一大LNG供給地として成長を遂げた豪州において、5つのLNGプロジェクトに参画しています。引き続き、保有資産の価値最大化に向けた運営・管理に注力していきます。

ページトップへ