東京ガストピックス

東京ガスグループの生物多様性保全活動のご紹介♪

2017年2月27日

東京ガスグループでは、地球環境を守り豊かな生態系を維持するために、ガイドラインを策定して生物多様性の保全活動に取り組んでいます。

都市ガスの製造・供給拠点のLNG基地では、袖ケ浦、根岸、扇島、日立にある各拠点で敷地の緑化を推進しています。
自然環境に配慮した緑地作りを目指し、NPO法人の協力を得て、基地内に住む鳥や昆虫、植物などを調査。
その結果をもとに植樹や間伐を行ったり、小動物や昆虫たちがの隠れ家になるエコスタック(※)を作ったりしています。

こうしたLNG基地での取り組みのほか、『長野・東京ガスの森』での活動をはじめ、『どんぐりプロジェクト』や『わたしの森プロジェクト』などお客さまとともに生物多様性保全に取り組む活動や活動団体をサポートする『東京ガス環境おうえん基金』などを実施しています。

東京ガスグループではこれからも、生物多様性保全に向けてさまざまな取り組みを行ってまいります。

★生物多様性調査の様子はこちらでご覧ください
 ⇒http://blog2.tokyo-gas.co.jp/scenter/2017/02/201702-1.html

※エコスタック:間伐材等を使用して、昆虫や小動物の隠れ家を意識して築かれるもの

ページトップへ