東京ガストピックス

停電時にも電気を使える機能が注目! 「エネファーム」14万台達成

2021年1月19日

東京ガスはこの度、家庭用燃料電池「エネファーム」の累計販売台数14万台※を達成しました!
 
「エネファーム」は、省エネ・省CO2といった環境性に加え、家庭で発電した電力を使用できるため、電力のピークカットにも貢献するエネルギーシステムです。
 
2019年4月発売の機種からは、台風などの自然災害の増加に伴って、お客さまニーズが高まっている「停電時発電継続機能」が標準で搭載され、エネルギーセキュリティ向上への貢献も期待されています。 
東京ガスは、今後も「エネファーム」の開発支援や販売による普及を通じ、お客さまの安心で快適な暮らしと地球環境の保全などに貢献してまいります。


▼詳細はこちらから
https://home.tokyo-gas.co.jp/living/enefarm/index.html

 
※東京ガスグループが販売した台数です。

ページトップへ