東京ガストピックス

本日は「女性の日」◆「なでしこ銘柄」に4年連続で選定

2020年4月10日

このたび、東京ガスは女性の活躍推進に積極的な企業として、経済産業省と東京証券取引所が共同で企画する「令和元年度『なでしこ銘柄』」に、平成28年度から4年連続で選定されました!


表彰式自体はコロナウイルス感染拡大防止のため中止となりましたが、表彰状が贈られました。


「なでしこ銘柄」は、政府が「成長戦略の中核」と位置づける「女性活躍推進」の促進・加速化をはかるため、女性活躍推進に積極的に取り組む企業を魅力ある銘柄として、経済産業省と東京証券取引所が共同で選定・発表するもので、平成24年度から実施されています。


東京ガスは、「2020年度の女性管理職比率10%」という具体的な数値目標を掲げ、女性が働きやすい勤務諸制度の整備、女性のキャリア開発、メンター制度の導入などに加え、コーポレートガバナンス機能の向上にも積極的に取り組んでいます。


また、平成30年度より、当社グループ独自の「ダイバーシティ月間」を設け、経営トップのダイバーシティコミットメントを広く発信し、グループ社員の意識・風土改革にも取り組んでいます。

女性活躍推進に関する主な取り組み例

◆女性のキャリアをテーマとしたセミナーの開催

◆法定を上回る勤務諸制度の整備

◆女性のキャリア形成を支援するメンター制度の運営

◆妊娠期から小学校期までの仕事と育児の両立に関するトピックスをまとめた「育児休職者向けハンドブック」の提供

▼詳しくはこちら
https://www.tokyo-gas.co.jp/recruit/diversity/career/index.html



東京ガスグループは、将来にわたる持続的な成長・発展に向けた人材基盤強化策としてダイバーシティを推進しており、今後も、性別・年齢・障がいの有無・国籍等に関係なく、働くすべての人が活躍できる企業グループを目指してまいります。



※1949年4月10日に労働省(現在の厚生労働省)が「婦人の日大会」を開催したことから「婦人の日」が始まり、1998年(平成10年)から「女性の日」「女性週間」と名称が変更されました。

ページトップへ