東京ガストピックス

遊休農地再生!コットン植付け実施◆福島で震災支援のボランティア

2019年6月21日

6月7日、東京ガスグループ所属員とその家族が、福島県いわき市の『ふくしまオーガニックコットンプロジェクト』に参加する農家の支援を行いました。

 
『ふくしまオーガニックコットンプロジェクト』とは、福島県いわき市を中心に、震災後に急増した「遊休農地・耕作放棄地」を再生し、塩害にも強い綿を有機栽培で育て、収穫されたコットンを製品化・販売する取り組みです。

 
当日は関東・甲信越の梅雨入り日で、福島までの移動中に大雨や雷などに遭遇しましたが、現地に到着すると雨は弱まり、雨具を装着しての作業となりました。

 
この時期は、コットンを育てるための農地整備を中心に、植付けや苗づくりを行います。現地は元々水田だったので、粘土質の土を耕したり雑草を排除したりするのに苦労しました。

 
 
◆参加者の声をご紹介◆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆被災地の状況を肌で感じることや、現状を現地の方から直接聞くことができ、これから自分に何ができるのか、考えさせられました。


◆60歳を過ぎて初めてのボランティア参加でしたが、皆さんと一体となって作業ができたことは、誰かのお役に立てたと思うと感動です。


◆自分にできることは、すごく小さく自己満足かもしれませんが、自分なりに少しでも福島に関われることがうれしかったです。

 
などの声が聞かれました!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 
東京ガスグループは、これからも被災地の方々に寄り添いながら、力を合わせて復興に貢献するボランティア活動を続けていきます。

 
▼ 東京ガスグループの社会貢献活動
「ボランティア活動」についてはこちら
https://www.tokyo-gas.co.jp/scenter/volunteer/...

-------------
東京ガスに関するお手続き・お申込みなどはこちらまで
https://home.tokyo-gas.co.jp/procedure/index.html

ページトップへ