東京ガストピックス

東京2020大会に向けたボランティア研修を実施しました

2018年11月26日

東京ガスは、東京2020オリンピック・パラリンピックのオフィシャルパートナーとして、ガス・ガス公共サービスのエネルギー供給事業を通じ、大会成功への貢献に取り組んでいます。
その一環として、10月25日(木)にボランティアとして参加予定の東京ガス社員を対象とした社内研修を行いました。
研修では、ボランティアとしての心構えや意義を改めて確認するとともに、東京2020大会ボランティアに関する情報発信が行われたほか、特別講師としてロンドン2012大会・ソチ2014冬季大会・リオ2016大会の3大会で言語サービスボランティアを経験した西川千春さんをお招きした講演会等を開催しました。
講演では、各大会ボランティアでの経験や大会成功へ導くボランティアの役割・重要性などをお話いただき、参加した社員からは、「ボランティアの具体的な役割がイメージできた」や「日本の代表、また、東京ガスとして頑張ろうと思った」といった感想がありました。
東京ガスは今後も共生社会の実現に向けた社内研修を通して、東京2020大会を盛り上げると共に、大会以降も継続的かつ持続可能な取り組みを行ってまいります。


★東京ガスは、東京2020オフィシャルパートナー(ガス・ガス公共サービス)です。

ページトップへ