東京ガストピックス

今年も先生向けの『民間企業研修』を実施しました!

2018年8月29日

東京ガスは「未来を担う子どもたちに、エネルギーや環境の大切さを伝えたい」という想いのもと、2002年から開始している小・中学校向け出張授業(エネルギー・環境、東京ガスの防災対策など)のほか、先生向けの研修会などの学校教育支援活動を続けています。


夏休み期間には、一般財団法人 経済広報センターが"教育界と経済界との対話促進活動の一環"として開催している『教員の民間企業研修』を通算28年間受け入れており、
今年は7月から8月にかけて10回、のべ21日間で中堅教諭や初任教諭を対象にした『民間企業研修』を実施。小・中学校の先生 計212名に参加していただきました。

研修では都市ガスの製造や供給、保安などの理解を深めていただくための施設見学や、CSRやCSをテーマにした東京ガスの取り組みの紹介、そしてエネルギー・環境の現状と課題について情報提供を行い、小中学校での学年や学科を想定した授業プランづくりのグループワークをおこないました。

参加した先生からは「改めて環境やエネルギーについて考える良い機会になった」「研修で学んだことを学校教育の現場に還元していきたい」といったご感想をいただきました。


今後も多くの方にエネルギーや環境のことについてわかりやすくお伝えし、楽しく考えていただくための学校教育支援活動に取り組んでまいります。

ページトップへ