東京ガスグループの再生可能エネルギー

東京ガスグループの再生可能エネルギー事業の取り組み

東京ガスグループはCO2ネット・ゼロのリードを掲げ、その挑戦の1つとして再生可能エネルギー事業に取り組んでいます。2030年には国内外合わせて、再エネ電源取扱量500万kWを目指しています。
当社グループの再生可能エネルギー事業は、日本全国・海外における太陽光、風力、バイオマスなどの電源開発のほか、再生可能エネルギー電力の調達を行っております。脱炭素社会の実現に向け、発電出力の変動幅の大きい再生可能エネルギー電源と、天然ガス火力発電所などの調整力を組み合わせ、安定的かつ低廉な電力をお客さまにお届けしていきます。

東京ガスグループの再生可能エネルギー電源取扱量:138.3万kW(2021年3月現在)

東京ガスグループの取り組む再生可能エネルギー事業

当社グループの再生可能エネルギー事業は、発電所の開発、運営・メンテナンス、再生可能エネルギー由来の非化石価値と組み合わせた電気の提供、お客さまの電気の自給自足や地域の電気の地産地消に向けたソリューションサービスなど、多岐に渡っています。

当社が取り組む国内外の再生可能エネルギー事業

太陽光発電事業

風力発電事業

バイオマス発電事業

海外の再生可能エネルギー事業

ページトップへ