東京ガストピックス

◆今日は「何の日」? ◆エジソンと渋沢栄一の関係とは?

2020年10月21日

今日10月21日は「あかりの日」※!

今から141年前の今日、明治12年(1879年)10月21日に、トーマス・エジソンが白熱電球を完成させたことにちなみます。
 
アメリカの「発明王」エジソンと、東京ガスの創立者でもある「日本近代経済の父」渋沢栄一との間には、実は熱い友情が結ばれていたことをご存じですか?

東京ガス創立者 渋沢栄一

明治42年(1909年)渋沢栄一が団長となり、総勢51名の「渡米実業団」として、3ヶ月間にわたりアメリカ合衆国の主要都市を訪問しました。
その中で、明治42年(1909年)10月27日、ニューヨークのエジソン電気会社で渋沢栄一はエジソン夫妻と会見し、そこから両氏の交流がスタートしました。

エジソン電気会社にて(明治42年(1909年)10月27日) 渋沢栄一記念財団 渋沢史料館 所蔵

渋沢栄一が帰国した後も親交は続き、大正11年(1922年)2月11日、エジソンが75歳の誕生日を迎えた時には、渋沢栄一が発起人となり、エジソン生誕75年祝典を東京で開催しました。この祝典の模様は、エジソンが発明した蓄音機と映写機で収録され、後日エジソンに撮影したフィルムを贈っています。


このエジソンから渋沢栄一に宛てた書簡は、東京都北区にある「渋沢史料館」で実際のものを見ることができます。機会があれば、ぜひ足を運んでみてくださいね♪
(開館・運営状況はホームページをご確認ください。)
 
▼「渋沢史料館」はこちら
https://www.shibusawa.or.jp/museum/

エジソンから渋沢栄一に宛てた書簡 渋沢栄一記念財団 渋沢史料館 所蔵

 
※日本電気協会により昭和56年(1981年)に制定されました。

ページトップへ