東京ガストピックス

◆今日は「何の日」? ◆「コレラ慰霊」から始まった花火大会

2020年5月28日

『東京名所「両国河ひらきの景」「吾妻橋之図」』 蕾斎<明治31(1898)年 石版画>

今日5月28日は「花火の日」※!

徳川吉宗の時代、亨保18年(1733年)の今日、当時の大飢饉や江戸に流行したコロリ(コレラ)による死者供養と災厄除去を祈願して「両国の川開き(納涼始め)」が行われ、花火が打ち上げられたとされることに由来します。
これが「両国川開きの花火」の始まりで、やがて庶民の楽しみとして定着、現在の「隅田川花火大会」へと引き継がれています。※

本日は「花火の日」にちなみ、また、新型コロナウイルス収束を祈り、現在臨時休館中の東京ガスの企業館「ガスミュージアム」に所蔵されている「両国の川開き」の錦絵をご紹介します!

※出典:隅田川花火大会HPより

◆錦絵に描かれた明治時代の花火大会◆

「錦絵」とは「多色刷浮世絵版画」のことで、明和2年(1765年)にそれまで単色だった版画に色がつけられ、「錦のように美しい」と言われたところからこう呼ばれました。
その後錦絵はジャーナリズムとしての役割も担い、明治時代・文明開化の様子を生き生きと伝えてくれます。

『東京名所「両国河ひらきの景」「吾妻橋之図」』 蕾斎<明治31(1898)年 石版画

明治時代の両国の川開きの風景で、作品では水上は船同士で押し合いへし合いとなり、橋上が人々で埋め尽くされている様子が描かれています。

『東京両国橋川開大花火之図』 永島春暁<明治23(1890)年 木版画

明治時代になっても、人々は変わらず花火を楽しみましたが、作品からは、煉瓦造りの建物や人力車、洋装で着飾る人々など、開化風俗が見て取れます。

『両国花火之図』 小林清親<明治13(1880)年 木版画>  

光の輪の中で、赤く光輝く花火の様子が描かれています。
一瞬の大輪の花火の姿と合わせ、暗い水面へ、横方向に花火の光を破線で描くことで、夜の風景の中に水の流れを表現しています。

◆東京ガス ガスミュージアム◆

東京都小平市にある東京ガスの企業館「ガスミュージアム」では、明治時代の錦絵を400点以上所蔵しています。
主に企画展で錦絵をご覧頂けるほか、日本のガスの事業の歴史と、くらしとガスのかかわりをご紹介しています。

▼「ガスミュージアム」詳細はこちら
https://www.gasmuseum.jp

ページトップへ