東京ガストピックス

【キラッと光る注目の社員 緊急保安研修センターよりご紹介♪】

2018年12月13日

東京ガスグループの社員から、今日は緊急保安研修センターでインストラクターを担当する社員と、その仕事内容をご紹介します。


東京ガス緊急保安研修センターでインストラクターを務めている 落合です。
この2枚目の写真の施設は、何だと思いますか?

実は、これは飲食店を再現した東京ガスの研修施設なんです。
この「緊急保安研修センター」は、ガス漏れなどの緊急事態に対応する「ガスライト24」のエキスパートたちが技術・技能を磨くための施設で、お客さまのお宅や飲食店を再現した施設や、地面を掘り起こす修理も体験できるフィールドも完備しており、現場さながらの環境で、技術・技能を実践的に身に付けることが可能となっています。とくに、飲食店や不動産店舗などが入る商業ビルを模したこちらの研修施設では、120ものガス漏れ想定箇所を設けており、どこでガスが漏れているか事前に知らされずに研修が行われます。まさに、現場と同じような緊張感の中でスキルを磨くことのできる環境となっているのです。
私は長らく緊急保安業務に携わった後、今年度よりこの研修施設で「保安マインド研修」のインストラクターを務めています。具体的には、お客さまの安全と二次災害防止のため、ガス漏れの現場で確実に行わなければならない、火気厳禁の周知や電気スイッチの操作禁止の依頼といった初動保安措置や、常に安全意識を持った判断力とそれに伴った実際の行動などをレクチャーしており、今年度はすでに約250名のフィールドスタッフに技術を継承してきました。
ここ緊急保安研修センターでは、教えたスタッフが数年後にフォロー研修やライセンスの更新で再受講した際に、教えた事を確実に実践しているなど、若手社員の成長した姿を見ることができるのが大きなやりがいであり、強い使命感を感じています。
これからもお客さまに安心をお届けするために、確かな技術を継承していきます。

-------------
東京ガスに関するお手続き・お申込みなどはこちらまで
http://home.tokyo-gas.co.jp/procedure/index.html

ページトップへ