東京ガストピックス

【キラッと光る注目の若手社員 東京ガスオーストラリア社よりご紹介♪】

2018年10月10日

今日は東京ガスオーストラリア社の若手社員と、その仕事内容をご紹介します。


東京ガスオーストラリア社の栖原(すはら)です。
私は2015年に入社し、東京ガスライフバルでの現場業務を経て、2016年に現在の東京ガスオーストラリア社に異動になりました。非在来型天然ガス「コール・ベッド・メタン」からLNGを生産・輸出するプロジェクトに携わっています。
異動してすぐ、会計監査を担当しました。ところが、当時はプロジェクトの複雑な事業構造やお金の流れを理解し切れておらず、依頼先の監査法人に思うような説明ができませんでした。そんな時に上司から「走りながら考えろ」というアドバイスを貰いました。分かること、分からないことを手を動かしながら整理することで全体像が見え、最終的に何とか形にすることが出来ました。
着任から2年が経った今でも、複雑な案件には、どこから手を付けていいのか迷う時があります。その度に上司のアドバイスを思い出して、まずは手を動かして頭の中を整理しつつ、業務に取り組んでいます。
勤務地のブリスベンにある事務所は2名体制の小さな拠点。若手でも裁量の大きな仕事を担当する機会が多いです。自身の成長を感じることができ、やりがいを感じています。
プロジェクトの価値最大化を通じて会社に貢献し、お客さまへのサービス向上へと還元できるよう、これからも頑張ります。

-------------
東京ガスに関するお手続き・お申込みなどはこちらまで
http://home.tokyo-gas.co.jp/procedure/index.html

ページトップへ