東京ガストピックス

【クイズ 答えは5秒後】東京ガスグループのあれこれを紹介

2017年8月16日

この装置、何をするものでしょうか?
① 物を置くと会計できる
② 手のひらを置いて血圧を測る
③ ボトルを置いて中身を調べる

答えは...③ ボトルを置いて中身を調べる

写真は、東京ガスエンジニアリングソリューションズが開発した「ボトル内液体物検査装置」という機器。
空港などの場所で、持ち込まれるペットボトルなどの中身が危険物でないか検査するのに利用されています。

空港では、機内に危険物などが持ち込まれないよう検査を強化してきました。そんな中、ペットボトルなどの液体は、係員が見た目や臭いで中身を確認していたのです。

こうした状況を変えたのが「ボトル内液体物検査装置」!
ふたを開けて中身を取り出す必要もなく、検査にかかる時間もほんの数秒。エックス線や薬品も使わずに、誰でも簡単・スピーディー、そして安全に検査が行えます。世界初の液体物検査装置に世界中の航空当局から問い合わせも相次ぎ、航空セキュリティーの国際会議でも注目を集めました。

現在、夏休みに多くの人で賑わう全国の空港でこの装置が活躍中!!
東京ガスグループの技術が安全に貢献しています。
夏休みのお出かけの際には、ぜひ探してみてください♪

ページトップへ