東京ガストピックス

世界4都市を繋ぎ!TGオクトパスエナジー社開所式

2021年3月3日

東京ガスは昨年12月、英国のオクトパスエナジー社との戦略的提携に合意しました。
この合意を受け、2月17日、東京ガスとオクトパスエナジー社との合弁会社「TGオクトパスエナジー社」の事務所の開所式をテレビ会議にて実施しました!
 
オクトパスエナジー社は、デジタル技術や電力小売事業に関わる知見を有しており、保有するデジタル技術(統合ITプラットフォーム)と効率的な顧客対応ノウハウを組み合わせた「新たな顧客体験の創出」を通じ、競争の激しい英国市場において約4年間で180万件超の顧客を獲得するなど、急成長を遂げている企業です。再生可能エネルギー100%など顧客毎に最適なメニューを、デジタル技術を用いて安価に提供するディスラプターとして、英国以外にも豪州、ドイツ、米国へと事業エリアを拡大しています。

世界4都市繋ぎ!テレビ会議にて◆TGオクトパスエナジー社開所式◆

「TGオクトパスエナジー社」事務所開所式当日は、テレビ会議にて東京・ロンドン・シドニー・メルボルンの4都市を繋ぎ、総勢40名近くの関係者が一同に会しました。
 
冒頭、東京ガスの内田社長から「東京ガスと英国オクトパスエナジー両社が強固な信頼関係を構築し、カーボンニュートラルへの積極的な取り組みを進めてほしい」と挨拶がなされ、次いで英国オクトパスエナジー社のグレッグ・ジャクソンCEOから「両社がパートナーシップを発揮し、これからのデジタル化やネットゼロの取り組みにおいてエネルギー界をリードしていきたい」とのスピーチをいただきました。
 
最後に、TGオクトパスエナジー社の社長に就任した中村社長より「世の中に新しい文化を創出していく、これがTGオクトパスエナジーの存在意義と考えている」と力強い宣言が述べられました。
会の締めとして、有沢取締役が「日本には、手締めで事業の成功を祈る儀式がある」と日本古来の風習を紹介し、同席いただいたDI本部の木本本部長や英国オクトパスエナジー社のメンバーら全員で「関東一本絞め」を行い、和やかな雰囲気のなか閉会しました。
なお、国内での合弁会社の事業開始は2021年秋を予定しています。
 
東京ガスは、オクトパスエナジー社との提携により、お客さま一人ひとりの幅広いニーズに合わせた、柔軟かつ分かりやすい電気料金※・サービスメニューを全国でスピーディーに提供することで、エネルギービジネスを通じた「新たな顧客体験」を浸透させていくとともに、再生可能エネルギーの普及拡大を推進していきます。
※再生可能エネルギーを切り口にした新たな料金メニュー等、さまざまなメニューを検討していきます。

▼詳しくはこちら 
https://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20201223-01.html

東京ガス 内田社長ご挨拶

TGオクトパスエナジー社 中村新社長ご挨拶

ページトップへ