東京ガストピックス

【キラッと光る注目の社員をご紹介♪】

2019年1月30日

東京ガスの社員と、その仕事内容をご紹介するシリーズをお届けします。


こんにちは、東京ガス 東京2020オリンピック・パラリンピック推進部の川崎です。
東京ガスは、東京2020大会のオフィシャルパートナー(ガス・ガス公共サービス)として、首都圏でのエネルギー供給事業を通じ、東京2020大会成功への貢献に取り組むとともに、大会をきっかけとしたその先の「共生社会」の実現を見据え、さまざまな活動を行っています。


私は主に、障がい者スポーツの体験会など社内外の機運醸成に向けた企画・実施、また社員に向けたボランティア対応などを行っています。
例えば、東京2020パラリンピックの競技である"ボッチャ"は、誰でも気軽に楽しめるスポーツなのですが、6月に東京ガス内でボッチャ大会を開催したところ大盛況でした。その後、各部所にてお客さまとの接点機会や職場のコミュニケーション活動として約40部所がボッチャ大会や体験会を実施しています。ご参加頂いたお客さまや社員より、「今までボッチャをよく知らなかったけど、このイベントをきっかけに興味を持った」といったような感想を頂くたびに、私たちの取り組みが共生社会実現の一端を担っているのだと感じ、大きなやりがいとなっています。


またプライベートでは、4月に現部所に異動してから、職場の先輩のお誘いにより東京ガス華道部にも入部し、師範のご指導のもと月二回、仲間同士腕を磨いています。日々慌ただしい業務の中で、お稽古のあるお昼休みにお花を前にすると心がスッと落ち付き、優雅なひとときとなっています。昨秋には早速、本社のエントランスで開催された部員による華道展にも出展させていただきました。東京2020大会では、外国からいらっしゃる方へ日本文化を発信していくことも大切と思いますので、何かの機会に華道をご紹介するチャンスがあれば嬉しいです。


★東京ガスは、東京2020オフィシャルパートナー(ガス・ガス公共サービス)です。

-------------
東京ガスに関するお手続き・お申込みなどはこちらまで
http://home.tokyo-gas.co.jp/procedure/index.html

ページトップへ