東京ガスTOP > 企業・IR情報 > 取り組み・活動 > 東京ガス ダイバーシティ推進について > 女性の活躍推進

diversity 東京ガス ダイバーシティ推進について

女性の活躍推進

東京ガスは女性の活躍推進をダイバーシティの端緒として位置付けています。
ここでは、東京ガスの女性の活躍を推進する様々な取り組みや、登用、育成についてご紹介します。

女性の活躍推進について

女性の活躍推進に関するアクションプラン

東京ガスの女性社員比率は約15%です。今後、女性社員のさらなる活躍を促し、多様な人材の活躍推進につなげるため、様々な取り組みを進めます。

目標

アクションプランの実行を通して女性の更なる活躍を促し、東京ガスが掲げる多様な人材の活躍を推進します。

目標

アクションプラン

2016年4月~2021年3月末の期間で、以下のアクションプランに取り組んでいます。

  1. 1採用における女性応募者率の向上

    女性に対しての魅力が伝わる広報活動を継続し、新卒採用における女性応募者率を向上させます。

  2. 2女性社員のさらなる活躍の場を創出

    各部門と人事部の連携を強化し、部下を持つことを含めた女性社員の新たな活躍の場を創出します。

  3. 3管理職を目指す女性の増加

    研修を通じて、本人や上司に管理職を視野に入れたキャリアビジョンを明確に描くことを促進します。
    また、外部機関へ女性社員を積極的に派遣し、意識醸成を図ります。

  4. 4その他

    女性の活躍に関するアンケートとヒアリングを実施することにより、課題を抽出し、改善につなげていきます。

アクションプラン

「なでしこ銘柄」に選定

東京ガスは、女性の活躍推進に積極的な企業として、経済産業省と東京証券取引所が共同で主催する「なでしこ銘柄」に選定されています。
これまでの勤務諸制度の整備や、セミナー・講演会等の開催を通じた組織風土づくり等に着実に取り組んできたことに加え、トップコミットメントの策定と社内外への発信や推進体制の強化等の取り組みをさらに進めたことが評価されたと認識しています。

NADESHIKO BRAND 2018

このページの先頭へ

女性のキャリア開発支援

東京ガスは、女性のキャリア開発を目的としたセミナーを開催し、社員の意識醸成や組織の風土づくりを進めています。

本人向け教育

女性キャリア開発セミナー

早期キャリア開発をテーマとし、20代女性を対象にキャリア開発に意欲的に取り組むヒントを得る機会として開催しています。

  • 女性キャリア開発セミナー
  • 女性キャリア開発セミナー
  • 育児休職からの復職者セミナー
  • 育児休職からの復職者セミナー

育児休職からの復職者セミナー

育児休職から復職する前に、復職後の働き方や上司をはじめとする周囲との連携や協働のあり方を具体的にイメージし、円滑な復職と仕事と育児の両立につなげるための機会として開催しています。

上司向け意識啓発・組織風土醸成

多様な人材の活躍推進講演会

2013年より毎年、ポスト者を対象とした講演会を開催しています。ダイバーシティ先進企業の経営者の方々をお迎えし、一人ひとりが活躍できる職場づくりを学んでいます。
2017年度には「ダイバーシティ推進と働き方改革」をテーマに講演を行いました。

  • 多様な人材の活躍推進講演会
  • 育児期の部下を持つ上司セミナー

育児期の部下を持つ上司セミナー

育児期の部下を持つ上司を対象に、仕事と育児の両立支援への理解を深め、部下の活躍・育成を後押しするマネジメント手法を学びます。

管理者研修

新たに部下を持った管理者を対象に、人事考課や部下育成に関するスキル、ダイバーシティマネジメントについて学びます。ダイバーシティマネジメントでは、女性をはじめとした多様な人材の活躍推進の必要性や育児・介護等の制度理解の他、多様な部下とのコミュニケーションの取り方等を、ケースワークやロールプレイングを通じた実践的な研修を行っています。

  • 管理者研修

このページの先頭へ

データで見る女性の活躍

これまで女性活躍に積極的に取り組んできた成果が、数字にも表れています。2012年に5.1%だった女性管理職比率は、2018年に7.6%となり、過去6年間で2.5ポイント上昇しました。部長・マネージャー級(幹部)の女性も4名から19名へと大幅に増え、2016年4月には、初の女性役員が誕生しました。2020年には女性管理職比率を10%とする目標を掲げ、これからも女性の更なる活躍の場を拡げていきます。
*以下のデータは全て東京ガス社員(在籍者)です。

トップに戻る

多様な働き方と生産性向上の実現についてはこちら

女性向け採用サイトはこちら