東京ガスTOP > 企業情報 > プレスリリース > 2019年度プレスリリース
プレスリリース
2019年12月6日

「くらし見守りサービス」の「ご自宅・ご家族見守り」に新たなサービスを追加
~12月9日からサービス提供開始~

東京ガス株式会社
広報部

 

東京ガス株式会社(社長:内田 高史、以下「東京ガス」)は、スマートフォン・タブレット端末向け専用アプリ(以下「専用アプリ」)で自宅や家族を見守ることができる「くらし見守りサービス」の「ご自宅・ご家族見守り」※1に、「警備員駆けつけ(株式会社全日警と連携)」および「電話健康相談(株式会社保健同人社と連携)」を新たな標準サービス※2として追加し、12月9日から、提供を開始します。
新たな標準サービスの追加による月額料金980円(税込)に変更はありません。

なお、これまで提供してきた「ご自宅・ご家族見守り」は、自宅のドアや窓に設置したセンサーや家族が携帯するセンサーを、自宅に設置するホームゲートウェイ※3を介して専用アプリと連動させることで、外出先から、自宅のドアの施錠状態や、窓の開閉状況および家族の帰宅を確認できるものです。

※1: 2019年2月27日にお知らせ済み(https://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20190227-01.html
※2: 詳細については、東京ガスのホームページをご確認ください。
※3: 各センサーの情報を収集し、東京ガスのセンターシステムとの通信を中継する機器

「ご自宅・ご家族見守り」は、川崎市のふるさと納税返礼品に採用されているほか、三井不動産レジデンシャル株式会社が手掛ける戸建分譲住宅「ファインコート杉並井荻ザ・ブライトプレミア(15棟)」「ファインコート杉並井荻ザ・グレースプレミア(35棟)」に初めて住宅の標準設備として採用されます。

東京ガスグループは、ビジネスパートナーとの価値共創を実現し、これからも「お客さまの安心・安全な暮らし」につながる共創サービスを開発・提供することで、お客さまの豊かな暮らしづくりに貢献してまいります。

「警備員駆けつけ」および「電話健康相談」の概要

警備員駆けつけ

心当たりのないセンサー動作など、お客さまがご自宅の状況に不安等を感じた際に株式会社全日警へ駆けつけ要請のお電話(24時間365日受付)をしていただくことで、警備員が自宅に駆けつけ、自宅の状況確認をするものです。
なお、警備員駆けつけをご利用いただくためには、別途、全日警との事前契約が必要で、契約いただいたお客さまには警備会社名入りステッカーを配布します。

<警備員が駆けつけるまでの流れ> <ステッカー>

電話健康相談

子どもの急な発熱、ご自身の体の不調等の心配事に、医療・介護等の専門の資格を持った株式会社保健同人社の相談員が電話・Webでご相談に応じます(24時間365日受付)。また、ご相談の内容に応じて、近隣の専門医療機関をご紹介します。

参考

はじめへ
[ プレスリリース一覧に戻る ] | [ ひとつ前に戻る ]