東京ガスTOP > 企業情報 > プレスリリース > 2020年度プレスリリース
プレスリリース
2020年9月28日

「TOKYO SPORT PLAYGROUND」と「新豊洲UNIVERSAL COOL SPOT」がオープン
~スポーツパークと誰もが利用しやすい施設が豊洲エリアに誕生~

東京ガス株式会社
東京ガス不動産株式会社

 

東京ガス株式会社(社長:内田 高史、以下「東京ガス」)と東京ガス不動産株式会社(社長:穴水 孝、以下「東京ガス不動産」)が協賛する「TOKYO SPORT PLAYGROUND」および東京ガスが施設運営を担う「新豊洲UNIVERSAL COOL SPOT」が、誰もが楽しみ、安心してご利用いただける施設として、東京ガス不動産所有の豊洲用地内に2020年10月10日(土)から2021年9月20日(月・祝)までの期間限定でオープンします。

「TOKYO SPORT PLAYGROUND」は、三井不動産レジデンシャル株式会社(社長:藤林 清隆)とナイキジャパングループ合同会社(VP 兼ゼネラルマネージャー:小林 哲二)がインクルーシブデザイン※1を取り入れて建設したスポーツパークで、ランニングトラック、バスケットボールコートや遊具などを備えています。
また、環境に配慮し、使われなくなったスニーカーを細かい粒状に分解した「Nike Grind」を床材に使用するとともに、すべてのエリアに段差なくアクセスできるバリアフリー設計となっています。

「新豊洲UNIVERSAL COOL SPOT」は、障がいをお持ちの方や有識者の声をもとに、「誰もが利用しやすい」をコンセプトに建設した施設で、緩勾配スロープや車いすの方も安心してご使用いただける低床ベンチ、電動車いす用充電器などを備えています。
また、誰もが使いやすいキッチンツールなどのユニバーサルグッズや最新式の車いすを体験できるコーナーを設置するとともに、建物の前面・背面には本施設のシンボルとして障がい者アートを採用し、ユニバーサル社会への理解促進を図る施設となっています。

※1:ユーザーの多様性を理解し、潜在的なニーズから多くの人に対して魅力的なデザインを導き出す手法

TOKYO SPORT PLAYGROUND全景 遊具を備え、様々なスポーツを楽しめるWAFFLE TRAINER SQUARE

東京ガスは、東京ガス豊洲スマートエネルギーセンターから豊洲市場をはじめとする各施設へエネルギーを供給するとともに、世界中の人々が行き交う豊洲のブランド価値向上に取り組みながら、街づくりにも貢献しています。

東京ガスグループは、両施設および隣接する「WHO I AM HOUSE powered by TOKYO GAS」の活用や関係企業・地域との連携を通じて、「障がい者、高齢者、働く人、子供たち、国籍等を問わず全ての人々が、お互いを尊重し、支え合い、生き生きと安心して快適に暮らせる社会・街」、共生社会の実現に向けた様々な取り組みを進めてまいります。

「TOKYO SPORT PLAYGROUND」の概要

■正式名称 TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT×ART※2
■所在地 東京都江東区豊洲6丁目105番1
■敷地面積 6,995.46m2
■企画・施設運営 三井不動産レジデンシャル株式会社
■企画・デザイン ナイキジャパングループ合同会社
■協賛 東京ガス、東京ガス不動産、無印良品
■開設期間 2020年10月10日(土)~2021年9月20日(月・祝)
■営業時間 平日15:00~21:00、土日祝日10:00~21:00
(入場無料。ご利用に際してはナイキアプリからの事前予約が必要です。なお、イベントなどにより営業時間が変更になる場合があります。詳細は施設webサイトをご覧ください。https://tokyo-sp.com

※2:「SPORT×ART」は新豊洲エリアを舞台に、未来の豊かなライフスタイルやコミュニティづくりに向けた東京ガス不動産の活動テーマです。これまで東京ガス不動産所有の豊洲用地に同テーマに沿った施設を誘致するとともに、各施設の事業者と連携し、様々な取り組みを行っています。

「新豊洲UNIVERSAL COOL SPOT」の概要

■正式名称 東京ガス 新豊洲UNIVERSAL COOL SPOT
■所在地 東京都江東区豊洲6丁目105番1
■敷地面積 234.02m2
■施設運営 東京ガス
■開設期間 2020年10月10日(土)~2021年9月20日(月)のうち不定期に運営(入場無料)
新豊洲UNIVERSAL COOL SPOT前面 新豊洲UNIVERSAL COOL SPOT背面の障がい者アート

以上

はじめへ
[ プレスリリース一覧に戻る ] | [ ひとつ前に戻る ]