東京ガスTOP > 企業情報 > プレスリリース > 2020年度プレスリリース
プレスリリース
2020年8月26日

富山県高岡市および千葉県市原市における木質バイオマス発電事業の取得について

東京ガス株式会社
プロミネットパワー株式会社

 

東京ガス株式会社(社長:内田 高史、以下「東京ガス」)100%出資子会社のプロミネットパワー株式会社(社長:馬場 敏)は、このたび、Equis(エクイス)グループが運営するファンドが保有する、伏木万葉埠頭バイオマス発電合同会社および市原八幡埠頭バイオマス発電合同会社の2社を取得することを決定しました。なお、取得日は9月中旬を予定しております。

伏木万葉埠頭バイオマス発電合同会社が建設中の「伏木万葉埠頭バイオマス発電所」(発電出力:約5.1万kW)は、2021年10月の商業運転開始を予定しています。また、市原八幡埠頭バイオマス発電合同会社が開発中の「市原八幡埠頭バイオマス発電所」(2020年10月着工予定、発電出力:7.5万kW)は、2024年1月の商業運転開始を予定しています。2社の取得により、東京ガスグループの再生可能エネルギー電源取扱量は、約12.6万kW増加し、130万kW*1を超える予定です。
なお、「市原八幡埠頭バイオマス発電所」では、オーナーズエンジニアリング*2業務およびO&M*3業務を、東京ガス100%出資子会社である東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社(社長:比護 隆)が担います。

東京ガスグループは、経営ビジョン「Compass2030」でCO2ネット・ゼロへの挑戦を掲げており、その実現に向け2030年における国内および海外での再生可能エネルギー電源取扱量500万kWの獲得を目指し、引き続き取り組んでまいります。

*1: 国内 約25.6万kW・海外 約108万kW ※開発中案件含む(最大出力:発電端出力単位)
*2: 事業者に技術的な支援を行うもの
*3: Operation and Maintenance

事業概要

設備名称 伏木万葉埠頭バイオマス発電所
事業主体 伏木万葉埠頭バイオマス発電合同会社
所在地 富山県高岡市伏木万葉ふ頭5番4
発電出力 5.1万kW(51,500kW)
燃料 木質ペレット等
売電単価 24円/kWh(一般木質バイオマス)
商業運転開始 2021年10月(予定)
設備名称 市原八幡埠頭バイオマス発電所
事業主体 市原八幡埠頭バイオマス発電合同会社
所在地 千葉県市原市八幡海岸通2番10
発電出力 7.5万kW(75,000kW)
燃料 木質ペレット等
売電単価 24円/kWh(一般木質バイオマス)
商業運転開始 2024年1月(予定)

※事業の概要は本件発表時点での計画であり、今後変更となる可能性があります。

以上

はじめへ
[ プレスリリース一覧に戻る ] | [ ひとつ前に戻る ]