東京ガスTOP > 企業情報 > プレスリリース > 2020年度プレスリリース
プレスリリース
2020年7月15日

※本件は、東京ガスグループの東京ガス不動産によるリリースです。

~JR田町駅東口直結の大規模複合開発が完成~
msb Tamachi(ムスブ田町)田町ステーションタワーNの竣工について※

東京ガス不動産株式会社

 

東京ガス不動産株式会社(社長:穴水 孝、以下「東京ガス不動産」は、JR田町駅東口エリアに直結する当社所有地「msb Tamachi(ムスブ田町)」(以下「本街区」)において、本日、「msb Tamachi田町ステーションタワーN(2017年8月着工、以下「タワーN」)」の竣工式を執り行いました。 なお、タワーNの開業は、2020年9月1日(火)を予定しています。

本街区は、三井不動産株式会社・三菱地所株式会社が2018年5月竣工の「msb Tamachi 田町ステーションタワーS」(以下、「タワーS」)および「プルマン東京田町」を、東京ガス不動産がタワーN(2018年5月竣工のスマートエネルギーセンター含む)を開発するプロジェクトで、このたびのタワーNの竣工により全街区が完成しました。
タワーNでは、東京のスカイラインに浮かび上がる門型フレームを外観に採用し、東京を訪れる人々を迎え入れる「ゲート」をイメージしております。また、災害時(停電時)の72時間以上の電力供給によりBCPをサポートするオフィスフロアを設け、低層階には15店舗の商業施設を併設しています。タワーSとは1階部分で連結し、街区の回遊性を高めるとともに、本街区と公共街区(みなとパーク芝浦・愛育病院・芝浦公園)を繋ぐペデストリアンデッキを整備し、バリアフリーの歩行者ネットワークを形成しています。

東京ガス不動産は、「msb Tamachi」をはじめとする大規模複合開発や、保有地を活用した不動産事業を通じて、安心・安全・信頼の東京ガスブランドを継承する「快適な暮らしづくり」と「環境に優しい都市づくり」に努めてまいります。

【本街区およびタワーNの特徴】
1. msb Tamachi
  (約28,000m2
1-1. ミクストユースのまちづくり
オフィス、商業施設、ホテル、広場から構成される駅直結の複合拠点の形成。
1-2. 歩行者ネットワーク・オープンスペースの整備
駅から本街区、公共街区まで繋がるデッキと出会いを育むオープンスペース。
2. タワーN
2-1. 多様化するビジネスシーンに応えるオフィスフロア
広々とした基準階や東京湾を臨むオフィスエントランス。
2-2. msb SKY Lounge(オフィスサポート施設)
自由な発想やコミュニケーションを創出するワーカー専用ラウンジ。
2-3. 災害時にもビジネスを止めないBCPサポート
商用電力停電時も、72時間以上の電力供給を可能とし、テナント企業のBCPを支援。
2-4. 環境貢献
熱・電気・情報をネットワーク化し、エネルギー需給を最適化。

1. msb Tamachi

1-1.ミクストユースのまちづくり

「msb Tamachi」は、JR田町駅東口からペデストリアンデッキで直結しています。2つの大規模オフィスタワー、多彩な店舗やサービスで来街者をお迎えする商業施設、ホテルで構成され、地域の玄関口にふさわしい複合拠点を形成しています。

〇「田町駅東口北地区」全体ゾーニング

〇外観、街区ロゴ

芝浦公園側から臨むタワーN  

1-2.歩行者ネットワーク・オープンスペースの整備

タワーNとタワーS、ホテル、また公共街区の施設をペデストリアンデッキによって結び、バリアフリーで利便性の高い歩行者ネットワークを確立しました。また、オフィスビルのワーカーだけでなく、地域の方々の回遊性向上にも貢献します。
また、タワーNの前には、透明なガラスの屋根が印象的なオープンスペース「イベント広場」が広がります。大型ビジョンを備え、タワーN・タワーS・ホテルの中央に位置するこの広場は、ワーカーや来街者同士の交流を生み出します。

イベント広場から伸びるペデストリアンデッキ 来街者を迎え入れるイベント広場

2. タワーN

2-1.多様化するビジネスシーンに応えるオフィスフロア

ゆとりある2,800mmの天井高に加え、約900坪の広々とした、開放感が増す無柱空間となっています。

基準階写真 基準階平面図

〇高層階から海側への眺望

眺望写真(昼) 眺望写真(夜)

〇オフィスロビー(2F)、スカイロビー(27F)

天井高9mのオフィスロビーには、木調と自然石を用い、外観デザインと合わせたゲートのデザインを意識しています。開けた大空間が、オフィスの顔としてワーカーや来訪者を迎え入れます。
27階スカイロビーは、ベイエリアの絶景パノラマが広がり、オフィスフロアのグレード感を演出します。

開けた大空間が来訪者を迎えるオフィスロビー 東京湾を臨むスカイロビー

2-2.msb SKY Lounge (オフィスサポート施設)

27階には、自由な発想やコミュニケーションを創出する、ワーカー専用ラウンジ「msb SKY Lounge」を設けております。自由なクリエイティブ・ワークフロアが、働き方にイノベーションを起こします。
ベイエリアへの絶景パノラマを臨み、時間や四季の流れを感じ取れるSalon、人と人との交流のきっかけを生み出すTerrace、ワークスタイルとしてのサードプレイスとなるBridge、プロジェクトベースの基地にもなるカンファレンスのmsb Roomを備えています。


広々とした落ち着きのあるラウンジ空間、Salon

2-3.災害時にもオフィスフロアのBCPをサポート

通常時は、商用電力に加え、敷地内で稼働するスマートエネルギーセンターから電力・熱を供給します。
災害時に商用電力が停電した際は、重油・都市ガスが使用可能なデュアルフューエル型非常用発電機とガスコージェネレーションを設置するスマートエネルギーセンターが連携することで、オフィス専有部や共有部への72時間以上の電力供給を可能とし、テナント企業の業務継続をサポートします。

2-4.環境貢献

〇スマートエネルギーネットワーク

隣接の公共街区とも連携するスマートエネルギーセンターから電力・熱の供給を受けることで街区全体のエネルギー需給が最適化され、環境負荷を抑えます。

〇緑豊かな憩いスペース

緑豊かなオープンスペース「ムスブガーデン」を始め、街区内にはどなたでも利用できる憩いの場を整備しています。また、ペデストリアンデッキには、歩行者ネットワークに沿うように緑量のある樹木を植樹しています。複層的かつ連続的に緑化を施し、来街者を豊かな緑で包みます。

緑が連なる遊歩道 商業施設の賑わいが自然とにじみ出るようなムスブガーデン

物件概要

建築主 東京ガス不動産株式会社
計画地 東京都港区芝浦三丁目1番1号
交通 JR「田町」駅徒歩3分(ペデストリアンデッキで駅直結)
都営地下鉄三田線・浅草線「三田」駅徒歩5分
建物名称 田町ステーションタワーN
(スマートエネルギーセンター(Ⅰ期工事2015年10月着工部分)を含む)
敷地面積 約13,234m2
延床面積 約152,342m2
規模 地上36階/地下2階
高さ 約180m
用途 事務所【4~35F】
店舗【1~2F】
スマートエネルギーセンター【B2F~B1F】
駐車場【B1F】
基準階面積 約2,882m2
設計監理 株式会社日建設計・株式会社三菱地所設計
外装デザイン KPF(Kohn Pedersen Fox Associates)
スカイラウンジデザイン 株式会社フィールドフォー・デザインオフィス
施工 清水建設株式会社
建設期間 2017年8月着工
2020年7月15日竣工
(スマートエネルギーセンターは2018年5月に竣工)

位置図

東京ガス不動産の概要

会社名 東京ガス不動産株式会社
設立年月 2019年4月1日
代表者 穴水 孝
資本金 118億94百万円
株主 東京ガス株式会社100%
本社所在地 東京都港区港南二丁目15番3号
事業内容 保有地開発、新規物件取得、不動産管理・賃貸・仲介
従業員数 200名(2020年4月)

以上

はじめへ
[ プレスリリース一覧に戻る ] | [ ひとつ前に戻る ]