東京ガスTOP > 企業情報 > プレスリリース > 2020年度プレスリリース
プレスリリース
2020年7月2日

東京ガス初となる
「FIT非化石証書を用いた実質再生可能エネルギー電気」の取扱いを開始

東京ガス株式会社
広報部

 

東京ガス株式会社(代表取締役社長:内田 高史、以下「東京ガス」)は、東京ガスの電力小売で初となる「トラッキング付FIT非化石証書を用いた実質再生可能エネルギー電気」※1(以下「実質再生可能エネルギー電気」)の取扱いを開始します。
なお、契約第1号のお客さまとして大東建託株式会社(代表取締役社長:小林 克満、以下「大東建託」)との契約(以下「本契約」)を、本日締結しました。

事業活動で消費する電力を100%再生可能エネルギーとすることを目指すRE100※2に加盟している大東建託は、大東建託グループが首都圏※3の事業所等で系統から購入する電気の全量を、本日以降、東京ガスが供給する実質再生可能エネルギー電気に順次切り替えていきます。

東京ガスグループは、経営ビジョン「Compass2030」で掲げたお客さま先を含めて排出するCO2をネット・ゼロにすることへの挑戦を通じ、脱炭素社会への移行をリードしてまいります。

大東建託との契約概要

供給メニューの概要 お客さまへお届けする電気を、実質再生可能エネルギー電気として供給。
対象物件
(本日時点)
首都圏における大東建託グループの主な事業所等(56事業所)
スケジュール 本日以降、順次供給を開始し、2030年度までに対象物件の全量を実質再生可能エネルギー電気に切替予定。

実質再生可能エネルギー電気の供給イメージ

※1: 供給する電気に、由来となる電源種や発電所所在地等の属性情報を付加(トラッキング)した再生可能エネルギー指定の非化石証書を組み合わせることで、非化石価値の由来がわかる再生可能エネルギー電気の供給を実質的に実現するもの。
※2: イギリスのNGO 団体であるThe Climate Group がCDPと連携して運営する国際イニシアチブ。加盟した企業は、2050 年までに事業運営に必要な電力量を100%再生可能エネルギーで調達する目標を宣言し、公表。
※3: 栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県(富士川以東)
※4: 日本卸電力取引所(JEPX)に2018年5月に開設された、非化石証書を取引する市場。

以上

はじめへ
[ プレスリリース一覧に戻る ] | [ ひとつ前に戻る ]