東京ガスTOP > 企業情報 > プレスリリース > 2019年度プレスリリース
プレスリリース
2020年3月4日

AC発電効率65%の高効率な固体酸化物形燃料電池システムの
実証試験開始について

東京ガス株式会社
三浦工業株式会社

 

東京ガス株式会社(社長:内田 高史、以下「東京ガス」)と、三浦工業株式会社(社長:宮内 大介、以下「三浦工業」)は、このたび、5kW級の発電出力規模でAC発電効率*165%の高効率な固体酸化物形燃料電池システム*2(以下「本システム」)を共同で開発し、2020年4月から実証試験(以下「本実証」)を開始します。
両社は、本実証により、発電性能や耐久性・信頼性の検証を行うとともに、本実証で得られた知見の活用や課題の解決を進め、早期の商品化を目指します。

本システムは、東京ガスが独自に研究開発を進めていた高効率化技術*3(図1参照)と三浦工業がもつ熱・水・環境の技術を融合させることにより、世界で初めて5kW級発電出力規模の燃料電池システムにおいてAC発電効率65%を達成*4しました。本実証に先立ち、森村SOFCテクノロジー株式会社製の平板型SOFCセルスタックを使用した本システムで、2,000時間を超える安定運転を確認しています。
なお、本システムは、高効率な発電の特徴を活かし、排熱利用なしでも省エネルギーやCO2排出量の削減に貢献可能なモノジェネレーションシステム*5となります。

東京ガスおよび三浦工業は、本実証をベースに技術開発を進め、環境負荷の少ない都市ガスの高度利用を通じて、お客さま先での省エネルギー・CO2排出量の削減に貢献します。また、本実証以外においても共同で脱炭素化技術のイノベーションを推進し、CO2ネット・ゼロ*6の実現に貢献してまいります。

*1 発電システムとして構成した場合に、燃料電池を動作させるためのエネルギーを差し引いた、お客さまが利用できる交流送電端ベースの発電効率
*2 電解質にセラミックスを用いた、高温で作動する燃料電池
*3 投入した燃料をより多く発電に利用するため、(1)SOFCスタックの二段化技術、(2)燃料再生技術、(3)少ない未利用燃料において熱自立する技術を組み合わせたもの
https://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20170523-01.html(2017年5月23日東京ガスプレスリリース参照)
*4 東京ガス・三浦工業調べ。2020年3月3日現在。
*5 システムから電気だけを取り出して利用する方法
(参考:システムから熱と電気の両方を取り出して利用する方法はコージェネレーションと呼ぶ)
*6 東京ガスは、2019年11月に発表した経営ビジョン「Compass2030」において、CO2ネット・ゼロに向けたロードマップを示し、超高効率燃料電池の導入を進めていくことを掲げました。

実証試験の概要

1. 試験期間 2020年4月から2023年3月(予定)
2. 実証場所 がすてなーに(ガスの科学館) 東京都江東区豊洲
田町スマートエネルギーセンター 東京都港区芝浦
3. 実証機仕様
燃料 都市ガス 13A
出力電力 5kW
AC発電効率 65%
製品外形 1.0m×2.0m×1.8m(W×D×H)
タイプ モノジェネレーションシステム

図1 SOFCシステムの高効率化技術(投入した燃料をより多くの発電に利用する技術の模式図)

図2 本実証に用いるSOFCシステム外観図

(左:がすてなーに設置機 右:田町スマートエネルギーセンター設置機)

以上

はじめへ
[ プレスリリース一覧に戻る ] | [ ひとつ前に戻る ]