東京ガスTOP > 企業情報 > プレスリリース > 2019年度プレスリリース
プレスリリース
2019年12月12日

メキシコにおける再生可能エネルギー共同開発運営会社への出資について

東京ガス株式会社
東京ガスアメリカ社

 

東京ガス株式会社(社長:内田 高史、以下「東京ガス」)100%出資子会社の東京ガスアメリカ社(社長:田部井 純)は、エンジー社(CEO:イザベル・コシェ、以下「エンジー」)がメキシコで再生可能エネルギーの開発・運営を行う事業プラットフォームとして設立した共同開発運営会社(以下「エオリオス・エンテーヘー社」)の株式50%を12月10日(メキシコ時間)に取得しました。なお、東京ガスからは3名が共同開発運営会社に出向し、資産の運営管理にあたります。
東京ガスによる国外の再生可能エネルギー事業への出資および再生可能エネルギー共同開発運営会社への出資は本件が初めてとなります。

なお、エオリオス・エンテーヘー社は、メキシコで6つの再生可能エネルギー発電プロジェクトへの参画を計画しており、風力発電(トレスメサス3)および太陽光発電(トロンペソン)の2プロジェクトへの出資をこのたび完了しました。他のプロジェクトについても、順次出資していく予定です。また、在メキシコ日系企業をはじめ、再生可能エネルギー電源のニーズがある企業への売電にむけた協議を進めます。

東京ガスグループは、経営ビジョン「Compass2030」で掲げた2030年における国内および海外での再生可能エネルギー電源取扱量500万kWの達成に向け、今後も電源の獲得に取り組んでまいります。

エオリオス・エンテーヘー社の概要

設立年月 2019年12月
本社所在地 メキシコシティ(メキシコ)
資本構成 エンジー50%、東京ガス50%
事業概要 再生可能エネルギー事業への投資および運営管理

エンジー社の概要

設立年 1880年
本社所在地 パリ(フランス)
社長 イザベル・コシェ
資本構成 フランス政府23.64%他
事業概要 発電、天然ガス、エネルギーサービス事業

東京ガスアメリカ社の概要

設立年月 2013年2月
本社所在地 テキサス州ヒューストン(アメリカ合衆国)
社長 田部井 純
資本構成 東京ガス100%
事業内容 北米新規事業への投資および運営管理

プロジェクトの所在地

プロジェクトの概要

  発電所名称 電源 所在地(州) 送電端出力
(万kWe)
最大出力 *
(万kWp)
商業運転
開始予定
1 トレスメサス3
(Tres Mesas)
風力 タマウリパス 5.00 5.20 2019年3月
商業運転開始
2 トロンペソン
(Trompezon)
太陽光 アグアスカリエンテス 12.60 15.90 試運転中
3 ビジャアウマダ
(Villa Ahumada)
太陽光 チワワ 15.00 20.00 試運転中
4 トレスメサス4
(Tres Mesas 4)
風力 タマウリパス 9.60 10.10 2020年3月
5 アブリル
(Abril)
太陽光 ソノラ 9.90 13.40 2020年9月
6 カルプラルパン
(Calpulalpan)
太陽光 トラスカラ 20.00 25.40 2020年11月
合計発電出力 72.10 90.00 -

* 太陽光は太陽電池モジュール公称最大出力(直流)の総量

トレスメサス3

トロンペソン

はじめへ
[ プレスリリース一覧に戻る ] | [ ひとつ前に戻る ]