東京ガスTOP > 企業情報 > プレスリリース > 2019年度プレスリリース
プレスリリース
2019年10月23日

日本初となるカーボンニュートラル都市ガスの供給開始について

東京ガス株式会社
丸の内熱供給株式会社
三菱地所株式会社

 

東京ガス株式会社(社長:内田 高史、以下「東京ガス」)と、丸の内熱供給株式会社(社長:田島 穣、以下「丸の内熱供給」)は、本日、日本初となるカーボンニュートラル都市ガスの供給に関する基本合意書(以下「本合意書」)を締結しました。2020年3月より、三菱地所(社長:吉田 淳一)が所有する東京都千代田区のオフィスビル2棟で使用を開始します。なお、契約期間は2025年2月末までの5年間です。

カーボンニュートラル都市ガスは、東京ガスがシェルグループ(以下「シェル」)から購入したカーボンニュートラルLNGを活用したもので、天然ガスの採掘から燃焼に至るまでの工程で発生するCO2が、シェルの保有するCO2クレジット*で相殺(カーボン・オフセット)されています。

本合意書に基づき、丸の内熱供給 は2020年3月より、「丸の内ビルディング(東京都千代田区、以下「丸ビル」)」で同社が運用・管理する固体酸化物形燃料電池(以下「SOFC」)と、「大手町パークビル(東京都千代田区)」で同社が運用・管理する地域冷暖房プラント内のガスエンジンコージェネレーションシステム(以下「CGS」)それぞれで使用する都市ガスの全量について、カーボンニュートラル都市ガスを使用します。

丸ビルでは、SOFCとマイクロガスタービンを組み合わせた最先端の高効率な発電システムを2019年3月より採用しており、同ビル内での使用電力の一部を供給しています。本システムにより、電力使用時のCO2排出量の大幅な削減を実現します。
大手町パークビルのCGSは、同ビル内の地域冷暖房プラントに2017年2月に導入したもので、大手町エリアのオフィスビルで使用する電力・熱エネルギー供給の一端を担っています。発電に伴い発生する熱を有効活用することにより、CO2排出量の削減を実現しています。

丸の内熱供給および三菱地所は、カーボンニュートラル都市ガスを調達することで、環境に配慮した強靭な熱のネットワークを構築し、防災機能の向上にも寄与する地域熱供給事業において更なる環境負荷削減に貢献するとともに、まちづくりを通じて持続可能な社会を実現するための先進的な取り組みを進めてまいります。
東京ガスは、カーボンニュートラル都市ガスの供給など、新たな低炭素商材を提供することで、お客さまとともに低炭素化の取り組みを推進し、エネルギーの供給を通じて環境に優しいまちづくりに貢献してまいります。

* 対象となるCO2クレジットは、信頼性の高い検証機関が世界各地の環境保全プロジェクトにおけるCO2削減効果をCO2クレジットとして認証し、シェルが購入したものです。

供給概要

供給サイト 丸の内ビルディング
採用機種 三菱日立パワーシステムズ株式会社製 固体酸化物形燃料電池(SOFC)
マイクロガスタービン(MGT)ハイブリッドシステム 200kW
供給量 40万m3/年
供給開始時期 2020年3月
供給サイト 大手町パークビル
採用機種 ヤンマーエネルギーシステム株式会社製 CGS 370kW
供給量 30万m3/年
供給開始時期 2020年3月
丸の内ビルディング 大手町パークビル
丸ビル採用のSOFC 大手町パークビル採用のCGS
はじめへ
[ プレスリリース一覧に戻る ] | [ ひとつ前に戻る ]