東京ガスTOP > 企業情報 > プレスリリース > 2019年度プレスリリース
プレスリリース
2019年6月19日

住友共同電力との
液化天然ガス(LNG)売買に関する基本合意書の締結について

東京ガス株式会社
広報部

 

東京ガス株式会社(社長:内田 高史、以下「東京ガス」)は、本日、住友共同電力株式会社(社長:山本 一心、以下「住友共同電力」)と、液化天然ガス(以下「LNG」)の売買に関する基本合意書(以下「本合意」)を締結しました。

本合意は、東京ガスが2021年度から2025年度までの5年間、年間約17万トンのLNGを住友共同電力に対し供給することを取り決めたものです。

両社は、本合意を通じて、LNGの安定供給を実現し、環境に優しい天然ガスの普及・拡大を図り、安定的かつ効率的なエネルギー利用を推進していくことで、地域の皆さまとの共生や四国地域の発展に貢献してまいります。

今後は、本合意に基づき、最終的な売買契約の締結に向けて両社で協議を進めてまいります。

東京ガスは、1969年11月4日に日本で初めてLNGを導入しました。2019年、LNGは導入50周年を迎えます。私たち東京ガスグループは、これからも安心してお使いいただけるエネルギーをみなさまにお届けしてまいります。

基本合意書の概要について

売主 東京ガス株式会社
買主 住友共同電力株式会社
契約期間 2021年度から2025年度(5年間)
数量 約17万トン/年
受渡形態 着桟渡し(EX-Ship)※1
供給源 東京ガスが契約するLNGプロジェクトから供給

※1 売主がLNG船を手配し、買主の受入基地まで輸送する受け渡し条件

住友共同電力株式会社について

会社名 住友共同電力株式会社
代表者 代表取締役社長 山本 一心(やまもと かずむね)
従業員数 約400名(グループ全体)
本社所在地 愛媛県新居浜市磯浦町16番5号
設立 1919年2月
資本金 30億円
事業内容 電気、蒸気および純水の供給/ガス(工業ガス等)の供給および販売/石炭、木質バイオマスおよび石炭灰の販売/石炭灰を加工した高品質フライアッシュの製造および販売
はじめへ
[ プレスリリース一覧に戻る ] | [ ひとつ前に戻る ]