東京ガスTOP > 企業情報 > プレスリリース > 2019年度プレスリリース
プレスリリース
2019年4月1日

2019年度入社式における社長祝辞(要旨)

東京ガス株式会社
広報部

 

東京ガスは、創業以来133年間にわたり、他のエネルギー、とりわけ電気との熾烈な競争を繰り返してきました。現在はこれらに加えて、ガス対ガス、電気対電気といった、同種のエネルギー同士での競争が始まっており、既に、電力や都市ガス、LPガス、石油などの大手企業がガス・電力の市場に参入しており、エネルギー以外の業種からの参入も増えています。
こうしたエネルギー自由化に伴う競争の激化と業界構造の変化に加え、低炭素社会実現に向けた動きの加速、デジタル技術の急速な進展による社会構造の変化など、東京ガスグループを取り巻く環境はめまぐるしく変化しています。しかし、変化が激しく、未来が不透明であればあるほど、私たちはしっかりと未来を見据え、歩みを進めていかねばなりません。
一昨年、2018~2020年経営計画として「GPS2020」を策定しました。「GPS2020」のキーワードは「GPS×G」です。Gはガス、Pはパワー、電気、Sはサービス、そして最後の「×G」のGはグローバルを意味します。つまり、ガス・電気・サービスのトータルでお客さまに価値を提案していく、また、海外市場においても天然ガスを中心に環境にやさしいエネルギー供給を実現する、との思いを込めています。
東京ガスグループには皆さんの活躍の場が数多く用意されています。大きな志を持って、社会人としての力強い第一歩を踏み出してください。

心に刻んでほしいこと

1点目は「使命感・責任感」を持つことです。会社は強くなければ生きていけません。しかし、社会に対する優しさ無しには存続する資格はありません。つまり、株式会社として利益をあげつつ、公益企業としてお客さまの暮らしを支え、より快適な社会をつくり上げていくことが必要なのです。
東京ガスには「安心・安全・信頼」という大切にしているブランド価値があります。公益的使命、社会的責任をもって働くことにプライドを持ち、そこから生まれる喜びや働き甲斐を大切にしてください。

2点目は「変化の時代に正解はない」ということです。世の中は「Society5.0」の実現に向けて急速に進化を遂げています。既存の産業のビジネスモデルが覆されるということが、さまざまな場面で起こっています。
変化する時代を見据えて自ら行動する姿勢を、ぜひ持ち続けてください。変化についていくだけでは勝つことは出来ません。変化に先んじて、変化を作り出す気概で臨んでください。フレッシュな発想、変化を先読みするアンテナに期待しています。

3点目は、「努力は人を裏切らない」ということです。会社生活では、今までの人生では経験したことのないような大きな壁にぶつかることもあるでしょう。あるいは、平凡で退屈なルーティンワークをこなさなければならないこともあるかもしれません。しかし日々の努力の積み重ねが必ず将来大きなことを成し遂げる力となります。そのことを改めて心に刻み、今日のこの初心、緊張感と期待を忘れずに頑張ってください。
人生はどんな人と出会ったかで彩られていきます。会社で過ごす時間が今後の生活の多くを占める中、この会社には「出会えてよかった、一緒に働けてよかった」と思える仲間が沢山います。
また、一人では出来ないことも、会社というチームになれば成し遂げられること、社会を変えていけることが沢山あります。
皆さんの今後のご活躍と、今後の人生が実り多きものとなりますよう心からお祈りします。

以上

<参 考>2019年度 新入社員数

  2019年度 2018年度
大学卒 文系職 42(19) 30(19)
プロフェッショナル職 71(18) 40(12)
理系職 76(16) 69(14)
高専卒 プロフェッショナル職 35(9) 47(15)
高校卒 - 20(2)
合計 224(62) 206(62)
()内は女子で内数
はじめへ
[ プレスリリース一覧に戻る ] | [ ひとつ前に戻る ]