東京ガスTOP > 企業情報 > プレスリリース > 2019年度プレスリリース
プレスリリース
2019年6月7日

米国バーズボロ天然ガス火力発電所の営業運転開始について

東京ガス株式会社
東京ガスアメリカ社

 

東京ガス株式会社(社長:内田 高史、以下「東京ガス」)100%出資子会社の東京ガスアメリカ社(社長:田部井 純)が参画する米国バーズボロ天然ガス火力発電所(以下「本発電所」)は、2019年5月30日に営業運転を開始しました。

本発電所は、ペンシルベニア州バーズボロ町に位置し、最新鋭のガスタービンコンバインドサイクル発電方式による合計出力48.8万kWの発電所となります。発電された電力は、米国における卸電力市場の一つであるPJM※1を通して米国北東部に電力を供給します。

東京ガスグループは、今後も総合エネルギー事業に関わる技術・ノウハウを活かし、北米・東南アジアにおいて事業展開するお客さまへのエネルギーソリューションや、現地のエネルギーインフラ構築等に貢献していきます。また、現地エネルギー会社とのアライアンスを通じて、現地におけるバリューチェーン展開にもチャレンジしてまいります。

※1:ペンシルベニア、ニュージャージー、メリーランド州等を含む米国北東部13州の独立系統運用機関

バーズボロ発電所の写真

バーズボロ発電所の概要

発電所名称 Birdsboro(バーズボロ)発電所
事業会社名 Birdsboro Power Holdings Ⅱ, LLC
所在地 ペンシルベニア州バーズボロ町
資本構成 エイリス社※2:33.3%
東京ガスアメリカ社:33.3%
双日株式会社:22.2%
九州電力株式会社:11.1%
発電容量 48.8万kW
発電方式 ガスタービンコンバインドサイクル発電方式
燃料 天然ガス

※2:エイリス社(エイリス・イーアイエフ・マネージメント社)は、米国電力系プライベート・エクイティ・ファンドの運用会社で、エイリス・マネージメント・コーポレーション社の子会社

バーズボロ発電所の所在地

参考

米国ペンシルベニア州における天然ガス火力発電事業への参画について」(2017年4月18日 プレスリリース)

以上

はじめへ
[ プレスリリース一覧に戻る ] | [ ひとつ前に戻る ]