東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > キッズ東京ガス > おどろき!なるほど!ガスワールド > 現在を見る > 生活に必要なエネルギー > 身のまわりのエネルギーの移り変わりをみてみよう

生活に必要なエネルギー

身のまわりのエネルギーの移り変わりをみてみよう

戦後、経済の発展とともにエネルギーの使用量は増えました。しかし石油危機を体験したわたしたちはエネルギー源を安定して確保することのむずかしさを知りました。わたしたちのエネルギーに対する考え方は変わってきました。それまでの「大量生産・大量消費」そしてそれにともなう公害被害などの反省をふまえ、「省エネルギー」という言葉が私たちの日々の生活の中に広がっていきました。

日本のエネルギー総供給の推移のグラフ
一人当たりのエネルギー消費量の推移グラフ
ここがおどろき!

日本のエネルギー使用量は1970年から40年間でなんと1.8倍に増えているんだよ。ここ数年は減ってきているのはなぜだろう?

エネルギーの種類別の使用量の移り変わりを見ると、1973年と1979年の石油危機以降は石油にかわり石炭・天然ガス・原子力の割合が増えています。
「省エネルギー」の考え方はさらに進み、地球環境全体を考えることの大切さがとなえられるようになり「環境問題」がクローズアップされるようになりました。エネルギーの使用量のむだを少なくすることとともに、どのエネルギーを使うことが地球環境にとって良いのかを考えて選ぶようになってきたのです。
さらに東日本大震災による原子力発電所の事故により、原子力エネルギーに対する見直しが行われています。
エネルギー選択の大切さが今もとめられています。

エネルギー使用の移り変わりを使い方別にみてみよう

エネルギーの使用量は省エネ技術の導入によって、1990年の数値と比べてもほぼ変わりません。前年と比べると家庭部門は猛暑厳冬が影響して、電力を中心に唯一増加しました。学校や会社などの業務用は経済の成長によって増えましたが、省エネの取り組みなどの頑張りで減少しました。

日本のエネルギー消費部門別推移のグラフ
ここがなるほど!

石油危機からエネルギー資源に対するみかたが変わってきたんだね!

  • 先生お役立ちページ
  • 教科・単元別から探そう
  • 自由研究調べ学習
  • データ集

このページの先頭へ