東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > キッズ東京ガス > おどろき!なるほど!ガスワールド > 現在を見る > 天然ガスのひみつ > 天然ガスを運ぶための工夫

天然ガスのひみつ

天然ガスを運ぶための工夫

天然ガスは、もともと色も臭いもない気体なんだよ。そのままでは体積が大きいため、一度にたくさんの量を運ぶことができないんだ。そこで、ある工夫をし、体積を小さくして運んでいるんだよ。どんな工夫をしているのか調べてみよう!

 

天然ガスがLNGタンカーで運ばれるまで

天然ガスは、-162℃まで冷やすと体積が600分の1の液体に変わります。液体に変わった天然ガスを液化天然ガス(LNG)とよびます。気体の600分の1とは、例えば学校のプール(25m×12m×0.8m)の気体が、家庭用のおふろ(200リットル)わずか2杯分になる計算です。天然ガスを液化することで体積を小さくし、一度にたくさんの量を運ぶことができます。その量は巨大なLNGタンカーで14万5千m3もあり、約20万世帯が1年間使うガスの量になります。

ガス田の写真 天然ガス液化プラントの写真 LNGタンカー(エネルギーホライズン号)の写真
ガス田 天然ガス液化プラント
LNGタンカー(エネルギーホライズン号)
標準的な大きさのタンカーで1回に運べるLNGの量は、14万5000立方メートル(約6.7万トン)。これは、約20万世帯が一年間に使うガス量に相当します。
ここがおどろき!

気体である天然ガスを-162℃まで冷やすと液体になり、液化天然ガス
(LNG)に変わるんだね。さらに体積が600分の1になるんだ!

  • 先生お役立ちページ
  • 教科・単元別から探そう
  • 自由研究調べ学習
  • データ集

このページの先頭へ