東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > CSRレポート > 東京ガスグループのCSR > 東京ガスグループのLNGバリューチェーンと社会に与える影響
東京ガスグループCSRレポート 2016
ここからメニュー

東京ガスグループのCSR
東京ガスグループのLNGバリューチェーンと社会に与える影響

東京ガスグループは、首都圏を中心としたお客さまにエネルギーをお届けするために、天然ガスの調達から輸送、都市ガスの製造・供給、発電、エネルギーソリューションへと続く一連の事業活動を行い、安全で安定的な供給を実現しています。

次世代を見すえた技術開発やIT活用を推進しながら「LNGバリューチェーンの高度化」を通じて、社会の持続的発展に貢献していきます。

主な活動内容とCSR面での主な配慮事項

原料の調達
ダーウィンLNGプロジェクト
ダーウィンLNGプロジェクト
長期契約締結
5ヵ国/12プロジェクト
LNG調達量
1,387.5万トン
主な活動内容

需要に合わせた柔軟で競争力のある天然ガスの調達を実現するため、調達先・契約条件・LNGネットワークなどの多様化を推進するとともに、国内外のさまざまなプレイヤーとも連携しています。

CSR面での主な配慮事項
  • 安定的かつ安価をめざした原料調達
  • LNG調達先ガス田・液化基地における温室効果ガス排出
  • LNG調達先周辺における生物多様性への影響
原料の輸送
エネルギーホライズン号
エネルギーホライズン号
自社保有・管理船
10隻
主な活動内容

自社保有・管理船を活用して機動力のある輸送を行っています。2017年に稼働を開始する米国コーブポイントからのLNG輸送のため、優れた燃費性能と環境負荷の低減を図ったLNG船を新たに4隻建造しています。

CSR面での主な配慮事項
  • LNG船運航に伴う温室効果ガス排出
  • LNG船のバラスト水による生物多様性への影響
都市ガスの製造
LNG基地の貯蔵能力
384.5万kl
袖ケ浦LNG基地
袖ケ浦LNG基地
扇島LNG基地
扇島LNG基地
根岸LNG基地
根岸LNG基地
日立LNG基地
日立LNG基地
主な活動内容

LNGを受け入れ、都市ガスを安定的に製造し、首都圏のエネルギーセキュリティに貢献しています。4つのLNG基地(根岸・袖ケ浦・扇島・日立)では、万が一、停電などのトラブルが発生した際にもお客さまに安定的に都市ガスをお届けできるよう、相互のバックアップ体制を整えています。

CSR面での主な配慮事項
  • 安定供給のためのLNG基地の貯蔵能力増強および整備
  • 自然災害等による製造トラブル
  • LNG基地における温室効果ガス排出、資源循環、生物多様性への影響
発電
電源規模(自社持分)
約160万kW
主な活動内容

LNG調達力やLNG基地・パイプライン等の設備を利用して、高効率コンバインドサイクルによる天然ガス火力発電所を運営しています。また、風力発電などの再生可能エネルギーによる発電にも取り組んでいます。

(株)扇島パワー
(株)扇島パワー
川崎天然ガス発電(株)
川崎天然ガス
発電(株)
(株)東京ガス横須賀パワー
(株)東京ガス
横須賀パワー
(株)東京ガスベイパワー
(株)東京ガス
ベイパワー
袖ケ浦LNG基地内の風力発電設備
袖ケ浦LNG基地内の風力発電設備
CSR面での主な配慮事項
  • 電力安定供給のための設備増強および整備
  • 自然災害等による製造トラブル
  • 発電所における温室効果ガス排出、生物多様性への影響
都市ガスの供給
導管総延長
62,505km
高圧ガス導管
高圧ガス導管
LNGローリー車
LNGローリー車
外航船
外航船
主な活動内容

導管総延長は約62,000kmにもおよび、都市ガスを安全かつ安定的にお届けするために、さらなる導管網の整備を進めています。また、他のガス事業者への卸供給やLNGローリー車、外航船・内航船による供給を広域で展開しています。

CSR面での主な配慮事項
  • 安定供給のための導管網の整備と保安の確保
  • 自然災害等による供給トラブル
  • ガス管埋設時の掘削土排出・資源循環
送電(一般送電事業者)
エネルギーソリューション
ガス販売量
15,436百万m3
家庭用3,365百万m3
家庭用
3,365百万m3
業務用2,678百万m3
業務用
2,678百万m3
工業用7,233百万m3
工業用
7,233百万m3
他事業者向け供給2,161百万m3
他事業者向け供給
2,161百万m3
お客さま件数
1,140万件
工場
住宅
地域冷暖房
電力販売量
109.6億kWh
主な活動内容

省エネ、省CO2、電力ピークカットに貢献する燃料電池やガスコージェネレーションシステムなどの分散型エネルギーシステムや、環境に配慮したガス機器の普及・拡大、再生可能エネルギーとの組み合わせの提案を進めています。また、ガスと電気および付加価値を組み合わせた最適なエネルギーソリューションを提供しています。

CSR面での主な配慮事項
  • お客さま先の安全確保
  • お客さま先での温室効果ガス排出、資源循環
  • 地域社会の課題解決への貢献
  • お客さまの個人情報保護
  • お客さまに満足いただける対応や品質の確保
  • (注)データは2016年3月末時点
海外上流事業・中下流事業
海外上流事業・中下流事業
  • (注)データは2016年6月末時点
画像を拡大します
閉じる
海外上流事業・中下流事業
主な活動内容

大規模LNGプロジェクトからの調達および権益取得に加え、シェールガス等の非在来型ガス、中小規模LNGプロジェクトへの取り組み等、調達先や海外上流事業のさらなる多様化・拡大を進めています。また、東京ガスグループの総合エネルギー事業に関わる技術・ノウハウを活かし、東南アジア・北米を中心に、海外で事業展開するお客さまへのエネルギーソリューションや、現地のエネルギーインフラ構築に取り組んでいます。海外にもLNGバリューチェーンを構築することで、日本向け原料調達の柔軟性を確保するとともに当該国でのエネルギーの安定供給に貢献していきます。

CSR面での主な配慮事項
  • 安定的かつ安価をめざした原料調達
  • 事業による温室効果ガス排出、生物多様性への影響
  • 地域社会の課題解決への貢献
LNGバリューチェーン共通のCSR面での主な配慮事項
  • ● コーポレート・ガバナンス
  • ● 人権の尊重
  • ● コンプライアンス
  • ● 情報セキュリティ
  • ● 従業員の労働安全衛生
  • ● グローバル人材の育成
  • ● 安全や環境貢献に資する技術開発

上記についてご意見・ご感想をどうぞ!

このページの先頭へ