重要なお知らせ
first
平成24年4月24日

住宅用ガス漏れ警報器電源コードの不適切な取付け作業に伴う点検の実施について
東京ガス株式会社


   東京ガス株式会社は、弊社の販売会社である「東京ガスライフバル」の作業員が取付けを行った壁掛けタイプの住宅用ガス漏れ警報器の一部で、ガス漏れ警報器の電源コードを壁に留める際に不適切な作業が行われていたことが判明したため、下記のとおり、同様の作業が行われた可能性があるお客さまにダイレクトメールを発送してお知らせするとともに、個別に訪問して取付け状況の点検を行い、不適切な作業が行われていた場合には取替え作業を実施することといたしました。
   弊社といたしましては、このような事態が発生したことを重く受け止めており、お客さまにご迷惑をおかけいたしましたことを心からお詫び申し上げます。今後、販売会社とともに再発の防止を徹底し、適切な作業の実施に努めてまいります。
   点検ならびに取替え作業の実施にあたり、お客さまにはご迷惑をおかけしますことを重ねてお詫び申し上げます。何卒、ご理解の上、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

   このたび判明した不適切な作業は、壁掛けタイプのガス漏れ警報器の取付けに伴い、取付け位置から電源コンセントまでの距離が離れている場合に、電源コードを壁に留めるため、本来であればガス漏れ警報器に同梱されている「振れ止め」部材を利用し、それを両面テープならびに同梱されている「針ピン」で壁に支持すべき作業を、「針ピン」を直接電源コードに刺し込んで壁に留めたものです。なお、このような取付けが行われた場合でもガス漏れ警報器は正常に作動することを確認しております。
    本事象は、2012年3月10日に都内の販売会社において、新宿区のお客さまからのご要望に伴うガス漏れ警報器の取り外し作業の際に発見され報告されたもので、取付けを行った作業員に確認を行ったところ、お客さま宅の壁紙等への損傷を軽減する目的で同様の作業を実施した旨が判明いたしました。
   その後、全ての販売会社・工事会社を対象に、過去に同様の作業を行った事実について調査した結果、44名の作業員が不適切な作業を行っていたことが判明し、加えて、2011年12月に神奈川県川崎市のお客さま宅で、「針ピン」を刺した電源コードと壁部分に軽微なショート痕が確認されていた事例が1件判明いたしましたが、その他の物損や人身被害には至っておりません。

お客さまへのお願い

   お客さま宅に設置されている壁掛けタイプのガス漏れ警報器の電源コードが、壁等に「針ピン」で直接留められていないかご確認くださいますようお願いいたします。なお、本事象が確認された場合には、お客さまご自身での作業を避け、下記フリーダイヤルまでご連絡くださいますよう重ねてお願い申し上げます。

1.ガス漏れ警報器の不適切な取付け作業の調査結果

   ガス漏れ警報器を取り扱っている全ての販売会社・工事会社でガス漏れ警報器の取付けに携わる可能性のある全作業員5,430名に対して、不適切な作業の実施の有無について調査したところ、44名の作業員が不適切な作業を実施していたことが判明いたしました。

2.点検対象件数

   20,408件
   上記の作業員へのヒアリング調査から、各作業員が初めて不適切な作業を行った時期以降に、44名の作業員が警報器の取付け作業を行った全てのお客さまを点検対象としております。

3.お客さまへのお知らせならびに点検内容について

(1) 4月中に、弊社から点検対象のお客さまにダイレクトメールを発送し、点検を実施するとともに不適切な取付けが行われているものについては取替え作業を行う旨、お知らせいたします。なお、東京ガス株式会社のインターネットホームページ<http://www.tokyo-gas.co.jp/>にも掲載いたします。
(2) 対象のお客さまに順次連絡の上、東京ガスライフバルの作業員が訪問して、取付け状況を確認し、不適切な取付けの場合は取替え作業を無償で行います。作業時間は取付け状況によって異なりますが約10分〜20分/台です。
(3) (2)の点検のほか、「ガス設備定期保安点検」等の業務機会を通じて壁掛けタイプのガス漏れ警報器が取付けられているお客さまにつきまして、警報器の電源コードについて確認を行ってまいります。

4.お客さまのお問い合わせ先

(1) フリーダイヤル 0120-111-985
(2) 受付開始日 2012年4月24日(火)
(3) 受付時間4月30日(月)までは午前9時から午後7時(土・日・祝日含む)
5月1日(火)からは午前9時から午後5時(土・日・祝日除く)

住宅用ガス漏れ警報器[100Vタイプ]電源コードの正しい留め方

正しい留め方

針ピン(針の長さ10〜25mm)は取付板固定の他、電源コードを壁に留める際に使用する振れ止めが接着シール(両面テープ)だけでは付かない場合に固定用ピンとして使用します。

住宅用火災・ガス・CO警報機[100Vタイプ]主な外観

重要なお知らせ一覧に戻る
このページのトップへ