東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 森里海つなぐプロジェクト > 活動報告

2018年度 活動報告一覧

海での活動報告

5月の
での
活動報告

2018年5月20日(日)、横浜市の“海の公園”で金沢八景-東京湾アマモ場再生会議が行うアマモの花枝(かし)採取に参加しました。昨年6月初めて花枝採取に参加して以来、東京ガスグループ社員とその家族に一般申し込みを加えたアマモ場再生活動への参加人数は延べ515名となりました。
テレビ番組出演でもよく知られる海洋環境専門家の木村尚さん進行のもと花枝採取、曳き網、生物観察、地元漁師の斉田芳之氏のお話、地元金沢湾産のワカメの味噌汁提供など盛りだくさんの内容になりました。
採取した花枝は水槽の中で数か月熟成させ、落ちてきた種を集めて11月頃に海中に播いてアマモ場再生につなげていきます。

開会式では木村尚さんのほか、地元漁師の斉田芳之さんのお話を聞きました。

開会式では木村尚さんのほか、
地元漁師の斉田芳之さんのお話を聞きました。

まだ冷たい海に果敢にチャレンジしました。

まだ冷たい海に果敢にチャレンジしました。

苦労した分、アマモを見つけた時の喜びもひとしお。

苦労した分、アマモを見つけた時の喜びもひとしお。

活動の後は、金沢湾産わかめたっぷりの地産地消お味噌汁に舌つづみ。

活動の後は、金沢湾産わかめたっぷりの
地産地消お味噌汁に舌つづみ。

⇒今回の活動は、こちらのサイトでもご紹介しています。
 東京ガス公式Facebookページ  365通信

どんぐり活動報告

5月の
どんぐり
活動報告

2018年5月26日(土)、埼玉県にある狭山丘陵『さいたま緑の森の博物館』で「どんぐりプロジェクト」を開催し、9組19名の参加者の皆さまと初夏の里山を訪れました。

「里山の自然と人のくらしとの関わり」をテーマに、里山と人の関わりを体感する「ガイドウォーク」、里山の雑木林のお手入れ「ササ刈り体験」、間伐した木の枝を拾い、麻ひもで編んで作品を作る「ネイチャークラフト」の3つのプログラムを実施しました。

新緑の森で、自然を感じながらのガイドウォーク

新緑の森で、自然を感じながらのガイドウォーク

梅、桑、さんらんぼ、へびいちご・・・たくさんの実がなっていました

梅、桑、さんらんぼ、へびいちご・・・
たくさんの実がなっていました

のこぎりを使って雑木林のお手入れ「ササ刈り」のお手伝い

のこぎりを使って雑木林のお手入れ「ササ刈り」の
お手伝い

里山を散策しながら拾い集めた木の枝で素敵な作品ができました

里山を散策しながら拾い集めた木の枝で素敵な作品が
できました

このページの先頭へ