東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 森里海つなぐプロジェクト > 活動報告

海での活動報告

での
活動報告

2017年6月11日、横浜市金沢区の“海の公園”において、東京ガスグループ所属員とその家族118名がアマモの花枝(かし)を1,600本採取しました。アマモはCO2吸収源として注目されるとともに、生物多様性の保全にも役立つ海草です。今後、集めた花枝からタネをとり、11月頃に再び海に植えてアマモを増やしていきます。

本活動は金沢八景-東京湾アマモ場再生会議との共催にて、環会様(根岸湾周辺に拠点を置く企業によって構成された会)の他、多くの方が参加され、過去最多255名の参加となりました。

アマモの花枝を探しながら海へ

アマモの花枝を探しながら海へ

アマモの花枝を発見!

アマモの花枝を発見!

全体進行はTVでおなじみ、NPO法人海辺つくり研究会の木村 尚さん

全体進行はTVでおなじみ、
NPO法人海辺つくり研究会の木村 尚さん

引き網でアマモの恵みを実感。 東京湾には海の生き物がいっぱい!

引き網でアマモの恵みを実感。
東京湾には海の生き物がいっぱい!

里での活動報告

での
活動報告

2017年5月20日に狭山丘陵のさいたま緑の森の博物館で、里山での森づくり体験とネイチャークラフトのプログラムを開催しました。参加者35名で、クヌギやコナラの生える雑木林の下草やササ刈りを行い、クラフトでは間伐で出された材を使って、家で使えるフォトスタンドやマグネットペンダントづくりを行いました。

新緑の美しい狭山丘陵で

新緑の美しい狭山丘陵で

生きものの観察

生きものの観察

木の成長を妨げる雑草を取り除く「下草刈り」

木の成長を妨げる雑草を取り除く「下草刈り」

木のペンダントや写真たて等を作りました

木のペンダントや写真たて等を作りました

このページの先頭へ