東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 森里海つなぐプロジェクト

森里海つなぐPROJECT

地球温暖化対策として、
森で、里で、海で様々な活動を進めていきます。
それぞれの取り組みがつながることで、
より力強く効果を高めていきます。

地域で取り組まれる地球温暖化対策も、
それぞれがつながり広がることで、
社会全体の成果へとなっていきます。

日本の取り組みは、世界の取り組みへ。
足元の活動は地球の環境へと
つながっていきます。

始まる!「森里海つなぐプロジェクト」

「森里海つなぐプロジェクト」が目指すものは、地球温暖化対策に加え、生物多様性の保全や、地域の活性化、教育、まちづくりなど多様な効果を生む取り組みです。それらが地域間でつながることで、また世界につながることで、より広い社会での持続性に通じることを期待しています。
「森」「里」「海」と、多様な環境を持つ日本の自然を活かすこと。そして何より「つなぐ」ことで、持続可能な暮らしとまちづくりを目指します。

森と里と海を、川の流れでつなげて地球温暖化対策と
生物多様性保全
の双方に寄与する取り組みを支援します。

森はCO2の吸水源や水の供給地であり、多様な生物を育んでいます。森を保全することが、地球温暖化対策や生物多様性の保全につながります。
森林の保全活動による未利用間伐材などをバイオマス資源としてエネルギー活用することに力をいれます。

【効果】

炭素固定

生息地整備

表土保持

水源涵養

カーボン
ニュートラル

里山は、田畑や雑木林など人の暮らしと結びついています。かつては薪炭の供給地として、長年にわたって手入れがなされ、それに適した生きものが多く生息していました。健康に保全された里山が増えることで、生物多様性の確保と炭素固定を進めます。

【効果】

崩落防止

生息地保全

洪水緩和

カーボン
ニュートラル

炭素固定

水源涵養

海は我々が使った水の流れつく先であり、気候にも重要な働きをしています。特に沿岸部は多様な生きものが生息し、貝類や海草類などは 水質浄化に大きな役割を果たしています。代表的なアマモの植生を保全することで、海での炭素固定と生物多様性の確保をはかります。

【効果】

水質浄化

海岸防護

炭素固定

生息地整備

持続可能な まち、くらしへ

持続可能な まち、くらしへ

新着情報

2017/06/07どんぐりプロジェクト活動報告アップしました。

2017/05/31ホームページを公開しました。

活動
MAP

本ホームページで随時活動を報告していきます。

活動報告はこちら

森の保全活動地

里山の保全活動地

海の保全活動地

どんぐりプロジェクト活動地

「森と私たちの暮らしとのつながり」や地球環境を守ることの大切さを楽しみながら学べるプログラム

「どんぐりプロジェクト」のサイトはこちら

活動MAP

森の保全活動地

里山の保全活動地

海の保全活動地

どんぐりプロジェクト活動地

※活動MAP上のポイントをクリック

森林の保全とバイオマス利用

森林の保全とバイオマス利用

森では、間伐や下草刈りなどの保全活動を進めるとともに、そこで出された木質資源をバイオマスエネルギーとして活用する支援を行っていきます。

森林の保全とバイオマス利用

里山の環境整備とバイオマス利用

里山の環境整備とバイオマス利用

里では、里山を維持する環境整備と、そこで出された木質資源のバイオマスエネルギーとしての活用、多くの人が体験できる活動を支援していきます。

里山の環境整備とバイオマス利用

アマモ場の再生、海の環境保全

アマモ場の再生、海の環境保全

海では、アマモ場再生をはじめ、海中での炭素固定や生物多様性保全に貢献する取り組みをNPOや近隣企業とともに支援していきます。

アマモ場の再生、海の環境保全

どんぐりプロジェクト

どんぐりプロジェクト

「森と私たちの暮らしとのつながり」を学び、地球温暖化について考え、環境行動につなげていくことを目的とした活動。環境の専門家とともに里山を散策し、様々な生き物や植物と触れあう他、森づくりや、五感を使った楽しいプログラムを親子で体験することができます。

活動報告書はこちら

どんぐりプロジェクト

東京ガスでは、関東地方の主要三河川(荒川、多摩川、利根川)につながる環境活動に対し、(公社)日本フィランソロピー協会の協力を得て支援活動を行います。 期間はSDGs(Sustainable Development Goals:通称SDGs)を見据え2017年度~2030年度まで、継続して実施する予定です。

東京ガスのポイントサービス「パッチョポイント※1」でプロジェクトにご参加を!

本プロジェクトをみなさまにより身近に感じていただけるよう、地域の環境活動に寄付を通じて支援を行う「パッチョポイント」のポイント交換メニューを設けました。寄付は100ポイントより受付けますので、ぜひ、ご参加ください。

パッチョ

パッチョポイント交換メニュー一覧ページはこちら

電パッチョ

※1:myTOKYOGAS会員さま向けのポイントサービスです。ご利用には会員登録が必要となります。東京ガスの各種サービスのご利用や、キャンペーンへの参加により、「パッチョポイント」がたまります。たまったポイントは、オリジナルグッズや提携ポイントへの交換等にもご利用いただけます。

社会課題の解決に貢献していきます

国連は2015年に世界の持続的な発展を目指して、「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:通称SDGs)を採択し、2030年までに達成すべき17の目標を掲げました。
17の目標には、経済成長や技術開発だけでなく、貧困や飢餓の撲滅、平和と公正の実現などの社会目標や、地球温暖化対策などの自然環境に関する目標が含まれています。それは、世界の持続可能な発展は経済だけでは達成できず、その基礎となる自然環境の保全や人間社会の進化が不可欠であるという考え方に基づいています。
この17の目標の中でも「7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに」「11 住み続けられるまちづくりを」「13 気候変動に具体的な対策を」「14 海の豊かさを守ろう」「15 陸の豊かさも守ろう」は、「森里海つなぐプロジェクト」が目指す方向性と一致しています。
東京ガスグループは総合エネルギー企業として、これらの社会課題の解決に向けてお客さま、自治体、NPOなどと連携して「森里海つなぐプロジェクト」を進めて参ります。

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに 11 住み続けられるまちづくりを 13 気候変動に具体的な対策を 14 海の豊かさを守ろう 15 陸の豊かさも守ろう

SDGsについてはこちら

このページの先頭へ