経営理念・行動基準

経営理念

東京ガスグループは、天然ガスを中心とした「エネルギーフロンティア企業グループ」として、「快適な暮らしづくり」と「環境に優しい都市づくり」に貢献し、お客さま、株主の皆さま、社会から常に信頼を得て発展し続けていく。

企業行動理念

  1. 公益的使命と社会的責任を自覚しながら、企業価値を増大させていく。
  2. 常にお客さま満足の向上をめざし、価値の高い商品・サービスを提供する。
  3. 法令およびその精神を遵守し、高い倫理観をもって、公正かつ透明な企業活動を行う。
  4. 環境経営トップランナーとして、地球環境問題の改善に貢献する。
  5. 良き企業市民として奉仕の精神を深く認識し、豊かな社会の実現に貢献する。
  6. 絶えざる革新により、低コスト構造で、しなやか、かつ強靭な企業体質を実現する。
  7. 一人ひとりの「能力・意欲・創意」の発揮と尊重により、「活力溢れる組織」を実現する。

私たちの行動基準

  1. 私たちは、常に信頼され選ばれ続ける「エネルギーフロンティア企業グループ」の一員として、自ら考え、行動します。
  2. 私たちは、常にクリーンでフェアな姿勢を貫きます。
  3. 私たちは、どなたに対しても誠実・公正に対応します。
  4. 私たちは、ともに働く仲間を大切にします。
  5. 私たちは、地球環境を守るために行動します。
  6. 私たちは、情報を適正に取り扱います。
  7. リーダーは、先頭に立って自ら行動します。

環境方針

理念

東京ガスグループは、かけがえのない自然を大切に資源・エネルギーの環境に調和した利用により地域と地球の環境保全を積極的に推進し社会の持続的発展に貢献する。

方針

1.お客さまのエネルギー利用における環境負荷の低減
環境性に優れた天然ガスの利用促進と効率が高く環境負荷の小さな機器・システムの提供により、お客さまのエネルギー利用における環境負荷の低減に積極的かつ継続的に取り組む。
2.当社の事業活動における総合的な環境負荷の低減
循環型社会の形成に向けて、効率的・効果的な環境マネジメント活動を展開し、事業活動における資源・エネルギーの使用原単位を継続的に低減するとともに、廃棄物等の発生抑制・再使用・再資源化とグリーン購入を積極的に推進し、環境負荷を総合的に低減させる。
3.地域や国際社会との環境パートナーシップの強化
地域の環境活動への参加から温暖化対策をはじめとした国際環境技術協力に至る幅広い活動を通じて、地域や国際社会との環境パートナーシップを強化する。
4.環境関連技術の研究と開発の推進
地域と地球の環境保全のため、新エネルギーを含む環境関連技術の研究と開発を積極的に推進する。
5.生物多様性の保全と持続可能な利用の推進
自然の恩恵の重要性を認識し、将来にわたり享受し続けるために、事業活動における生物多様性への影響の把握や改善に努め、持続可能な利用を推進するとともに、地域社会と連携して生物多様性保全活動に取り組む。
6.環境法令などの順守と社会的責任の遂行
環境関連の法律・条令および協定等を順守するとともに、従業員一人ひとりがグローバル基準に則した社会的責任を遂行する。