社長メッセージ

広瀬道明 近影

東京ガスグループは、1885年の創立以来130年以上の長きにわたり、首都圏を中心に都市ガスを供給し、お客さまの豊かな暮らしや社会の発展を支えてまいりました。

1969年には日本で初めてLNG(液化天然ガス)を導入し、その後半世紀近く「LNGのパイオニア、天然ガスのトップランナー」としてLNGバリューチェーンの確立・強化と天然ガスの普及・拡大に努め、国内外からも大きな評価を得ています。

東日本大震災を経て2011年11月に策定・発表した「チャレンジ2020ビジョン」では、このLNGバリューチェーンの一層の高度化を図り、日本の「エネルギーセキュリティーの向上、エネルギーコストの低減、エネルギーシステムの革新」に貢献するとともに、総合エネルギー化、グローバル化を推し進め、東京ガスグループの持続的な成長・発展を目指すこととしています。

一方、昨年の電力小売全面自由化に続き、本年4月からはガス小売全面自由化もスタートし、いよいよ本格的なエネルギー大競争時代に入りました。

私たちはこの変革期に当たり、東京ガスグループの目指す姿を「あなたとずっと、今日よりもっと。」という新しいコーポレートメッセージで表し、そこに込めた想いを大切にしていきたいと考えています。

また、このような時代だからこそ、「お客さまに対する感謝の気持」と「安全に対する揺るぎない信念」というガス事業の原点、基本に立ち返ることが重要と考えます。

東京ガスグループは、今後も「豊かで潤いのある暮らし、活力に溢れ競争力のある産業、環境に優しい安心できる社会」の実現に邁進するとともに、企業の社会的責任を自覚し、地域と共生を図りながら公正で透明な経営を行ってまいります。

そして、このガス小売全面自由化のスタートを、東京ガスグループの変革つまり「非連続の改革」を断行するスタートと考え、これに不退転の決意で臨みます。

引き続き皆さま方のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2017年4月

代表取締役社長

広瀬 道明