東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 技術開発 > スマート社会 > 家庭用超音波式ガスメーター

家庭用超音波式ガスメーター

新しい家庭用ガスメーターとして2005年に導入が始まった家庭用超音波式ガスメーターは、ガス流量の計量に超音波伝搬時間差式の計測技術を適用したガス版スマートメーターです。計量部から機械的稼働部品を無くすと同時に、従来の機械式ガスメーターよりも部品点数を大幅に減らすことにより、高い信頼性と小型化を実現しています。また、ガス流量を瞬時に計測できるため、保安機能を高度化することで保安レベルの向上とCSの向上に結びつけることも期待されています。今後は、お客さまと東京ガスの結びつきをより深め、新しいサービスの提供に結びつけることを目指し、更なる技術開発に取り組んでまいります。

 

目的


主に家庭用のお客さまに設置しているマイコンガスメーターは、1983年から都市ガス3社(東京ガス、大阪ガス、東邦ガス)が中心となって導入をはかり、現在では日本全国のご家庭にほぼ100%普及し、ガス事故の減少に大きく寄与してまいりました。

現在主流のマイコンガスメーターは、機械式(ダイアフラム式)の計量方式を採用しているため、ガス使用量に応じてガスメーター自体に体積が必要であり、抜本的な小型化が困難です。このため、設置スペース、デザイン性の面から、小型化が可能な電子式ガスメーターが強く要望されています。また、現在ガス会社が取り組んでいる通信ネットワークを利用した自動検針や各種サービスは、通信技術の急速な進展と共にさらに普及が進むと考えており、通信ネットワークとの親和性が高く、様々な情報を計測できるガスメーターが切望されています。

このような背景を踏まえ、東京ガスは、同じ都市ガス事業者である大阪ガスおよび東邦ガス、メーターメーカーである東洋ガスメーター株式会社および矢崎エナジーシステム株式会社、デバイスメーカーであるパナソニック株式会社との共同開発を推進し、超音波を用いた流量計測技術などの新技術を開発することにより、電子計測式でコンパクトな家庭用超音波式ガスメーターを実現し、2005年度から市場での導入を開始しております。
現在は、通信機能を高速化・高機能化し、新しい通信方式であるUバスを搭載した新しい世代の超音波式ガスメーターを導入しており、遠隔監視需要や難検針対応等の需要の高まりに対応するガススマートメーターシステムとして活用を進めてまいります。

 

装置の概要


現在導入している超音波式ガスメーターの外観を下記の図(東洋ガスメーター製/矢崎エナジーシステム製)に、基本仕様を下記の表(基本仕様)に示します。
 
東洋ガスメーター製 矢崎エナジーシステム製
東洋ガスメーター製 矢崎エナジーシステム製

   
基本仕様
ガス種 都市ガス(12A、13A)
定格最大使用流量 1.6m3/h〜6m3/h
保安機能 マイコンガスメーターの機能を搭載
(遮断弁、感震器、圧力センサを内蔵)
通信速度 従来のガス自動検針用インターフェイスに加えて、
次世代通信インターフェイスである「Uバス」を搭載
仕様電源 リチウム電池
設計寿命 10年


 

特徴

 
  1. 広域通信ネットワーク、多段中継無線等の次世代通信技術との親和性が高い、次世代通信インターフェイス(Uバス)を搭載しています。
  2. 3L/hという極微少流量から、12,000l/hという大流量までの計測範囲を1セットの超音波センサーで計測可能です。また、超音波式による瞬時流量計測により、瞬時性が要求されるネットワークやサービスへの応用が期待されます。
  3. 超音波式計測により機械的可動部を廃止し、超小型計測部を実現したため、体積従来比1/3以下を実現しました。すっきりしたデザインとすることができます。

このページの先頭へ