重要なお知らせ
first
2011年2月3日

(株)ガスター製「暖房風呂給湯器(TES熱源機)」の点検・修理作業の実施について
東京ガス株式会社


   東京ガス株式会社は、2003年4月から販売しております株式会社ガスター製「暖房風呂給湯器(TES熱源機)」*1の一部の機種について、機器内部の電装基板に搭載されている風呂ポンプ用の回路部品の不具合から、運転操作に関係なく風呂ポンプが連続して運転する事象が発生し、お客さまのご使用の状況により浴槽水の温度が上昇する恐れのあることが判明したため、下記のとおり該当品の点検ならびに修理作業を実施させていただくことといたしました。

   なお、これまでにお客さまから本事象による火傷のお申し出が、弊社管内で2010年11月に1件発生しておりますが、医療機関による治療には至っておりません。

   弊社といたしましては、このような事態が発生したことを重く受け止めており、大変ご迷惑をおかけしましたことを心からお詫び申し上げます。またお客さまには、修理作業が完了するまでの期間、浴槽に入られる場合には、必ず温度をご確認のうえ、ご入浴くださいますようお願い申し上げます。弊社における点検・修理作業の実施にあたり、ご迷惑をおかけいたしますことを重ねてお詫び申し上げます。
   何卒、ご理解の上、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

*1 「暖房風呂給湯器(TES熱源機)」は、温水を利用して床暖房を含む暖房、風呂追い焚き、給湯などを行う東京ガス温水システムの熱源機です。

1. 点検対象となる機器および台数

(1) 対象台数・・・53,921台
(2) 製造期間・・・2003年3月〜2009年3月
(3) 対象機器・・・4機種12シリーズ
シリーズ名 点検対象製造年月 台数 備考
IT2803 ARSシリーズ 2003年9月〜2007年 3月 3,261 機種名末尾がAQタイプを除く
BRSシリーズ 2005年9月〜2007年 6月 1,608 機種名末尾がAQ/SQタイプを除く
KRSシリーズ 2003年9月〜2006年9月 528  
AFSシリーズ 2003年11月〜2007年 9月 452 機種名末尾がAQタイプを除く
IT3503 KRSシリーズ 2003年9月〜2006年9月 1,552  
IT4203 ARSシリーズ 2003年9月〜2007年 6月 27,297 機種名末尾がAQ/CUタイプを除く
BRSシリーズ 2005年9月〜2007年 6月 7,469 機種名末尾がAQ/CUタイプを除く
KRSシリーズ 2003年9月〜2006年10月 587  
LRSシリーズ 2003年3月〜2009年 3月 10,391 機種名末尾がCUタイプを除く
AFSシリーズ 2003年11月〜2007年 9月 634 機種名末尾がAQタイプを除く
IT4205 ARSシリーズ 2005年3月〜2007年4月 70 機種名末尾がCUタイプを除く
BRSシリーズ 2005年10月〜2007年 6月 72  
    53,921  
「同機種で床暖房機能のない暖房風呂給湯器」および「同機種のエコジョーズ(高効率タイプ)」の給湯器につきましても、同様の事象で風呂ポンプが連続運転するケースがありますが、浴槽水の温度の上昇は発生せず、安全性に問題はありません。

2.発生の原因と温度上昇のメカニズムについて

(1) 製造工程上のばらつきから、規格外の部品が混入し、その部品が電装基板に搭載されている風呂ポンプ用の運転回路部品に使用されたことで、運転操作に関係なく風呂ポンプが連続運転の状態になってしまうことが原因です。
(2) 加えて、同事象が発生した状態で、浴槽に循環金具以上の水位で残水があり、浴槽が自動運転(保温運転含む)状態になく、更に床暖房および温水ラジエーターを運転した場合に限り、暖房水が加熱され、その暖房水が風呂熱交換器で浴槽水を加熱するために、浴槽水の温度が最大55℃から70℃程度に上昇する恐れがあるものです。

3.お客さまへのお願い

   お客さまにおかれましては、弊社による修理作業が完了するまでの期間、浴槽に入られる場合は、必ず温度をご確認のうえ、ご入浴くださいますようお願い申し上げます。なお、該当品をご使用中に浴槽水の温度が異常に上昇した場合や、リモコンに「252」や「032」の故障表示が点滅している場合には、ご入浴を控えていただき、下記のお問い合わせ先までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

4.お客さまへのお知らせ

   2月4日(金)の新聞各紙朝刊に告知広告を掲載し、無償点検・修理作業を実施させていただく旨、ならびに修理が完了するまでの期間、機器のご使用に関してご注意いただくお願いについてのお知らせを行います。なお、設置先が特定されているお客さまにはダイレクトメールを発送いたします。
   また、東京ガス株式会社のインターネットホームページ<http://www.tokyo-gas.co.jp/>にも掲載します。

5.点検ならびに作業内容

   部品が整う4月中旬以降、該当品をご使用のお客さまに順次連絡のうえ、メーカーまたは協力会社の作業員が訪問し、点検ならびに修理作業を無償で行わせていただきます。

(1)作業内容 『電装基板』を確認し、風呂ポンプ用の回路部品が規格外の場合には、機種により『電装基板』の追加取付け、または交換作業を行います。
(2)作業時間 約40〜60分/台

6.お客さまのお問い合わせ先

(1) フリーダイヤル 0120−383−575
(2)受付開始日 2011年2月3日(木)
(3) 受付時間   2月13日(日)までは午前9時から午後7時(土・日・祝日含む)
2月14日(月)からは午前9時から午後5時(土・日・祝日除く)

該当品の見分け方

重要なお知らせ一覧に戻る
このページのトップへ