ライフスタイル編
手軽にできてしかもお得

年間13,625円分光熱費削減!!

  • ちょっとした外出は公共交通機関や自転車で
  • 2,833円
  • 43.9kg
  • マイバッグを持ち歩く
  • 1,205円
  • 0.4kg
  • おいしい旬の野菜を選ぶ
  • 4,560円
  • 950.0kg
  • 地元でとれた野菜を食べる(地産地消)
  • 5,027円
  • 276.9kg

ちょっとした外出は公共交通機関や自転車で1日120g CO2削減

買い物に行くときに、ついつい自動車に乗ってしまうことはありませんか。近くのスーパーなら自転車や徒歩で行くと、エネルギーを使わず健康増進にもつながります。

年間の省エネ効果


2,833円


43.9㎏

※自動車燃費22.0km/Lとして2kmの往復を止め、週に2回自転車に切り替えた場合

マイバッグを持ち歩く1日1g CO2削減

マイバッグを持つとレジ袋をもらわないのでごみが減ります。さらに、できるだけ容器包装の少ないものや詰め替え式のものを選ぶよう心がけましょう。

年間の省エネ効果


1,205円


0.4㎏

※毎日レジ袋1枚を使わずにエコバッグを使った場合、4人分で算出

おいしい旬の野菜を選ぶ1日2603g CO2削減

旬の野菜はおいしくて栄養価が高く、安いだけでなく、栽培時のエネルギーが少なくて済みます。夏が旬のトマトを冬に作ると10倍ものエネルギーがかかってしまいます。

年間の省エネ効果


4,560円


950.0㎏

※キュウリとトマトを栽培するときの夏と冬の差を算出(各1kg)

地元でとれた野菜を食べる(地産地消)1日759g CO2削減

地産地消は、地域生産地域消費の略語。地元で生産された作物を地元で消費すれば、新鮮なだけでなく、遠くから運ぶエネルギーが必要ありません。

年間の省エネ効果


5,027円


276.9㎏

※生鮮野菜の購入を7%地産地消に切り替えた場合