東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 技術開発 > 地震防災・安定供給 > 経年管対策工法「FLEXライナー工法」

経年管対策工法「FLEXライナー工法」

長期間埋設されて古くなったガス管への対策工法として、「FLEXライナー工法」を紹介します。本工法は、掘削をできるだけ抑制することにより、掘削廃土や廃材の削減、工事期間の削減に寄与する、環境性、経済性に優れた工事技術です。


 

「FLEXライナー工法」


FLEXライナー工法は、長期間埋設されて古くなったガス管(経年管)の中に、新しいPE管を引き込む工法です。

 

概要

  1. PE管挿通工
PE管を、パイプウォーマーにより加熱した後、デフォーマーによりU字に変形させながらウィンチにより引き込みます。
PE管挿通工程PE管挿通時


 
  1. PE管復元工程
PE管を、蒸気により加熱・加圧して復元した後、空気により冷却します。
PE管復元工程PE管復元後

 

特徴

耐震性、耐腐食性に優れたPE管に更新する工法です。複数の曲がり部に対応できるため、過密で複雑な都市部のガス管に対して力を発揮します。

 
 
 
このページの先頭へ


 

このページの先頭へ