東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 東京ガスの社会貢献活動 > 活動報告一覧 > 横浜支店

東京ガス 社会貢献活動 東京ガスグループ社会貢献の取り組み

横浜支店

  • 2020/07/23(木)、2020/08/20(木)

    横浜市主催の東京2020大会1年前オンラインイベントに協力

    横浜市は東京2020オリンピック・パラリンピックの開幕1年前を記念して、7月23日にオンラインイベントを開催しました。イベントは「スポーツを通じて横浜を元気に」をスローガンに、横浜市ゆかりのアスリートからのメッセージや市内企業から提供された動画等で構成された約2時間の番組としてライブ配信されました。
    東京ガスは、東京2020大会オフィシャルパートナー(ガス・ガス公共サービス)として、番組の「トップアスリートからのスペシャルメッセージ」コンテンツに木村敬一選手の動画を提供しました。8月20日(木)には、パラリンピック開幕1年前を記念し横浜市庁舎でも同イベント番組が上映され、当社はパネル展示にも協力しました。
    夜間には、競技会場所在自治体である神奈川県・藤沢市・相模原市が横浜市と同時にライトアップイベントを開催しました。集客イベントが次々に中止となる中、東京2020大会の機運醸成に自治体や地元企業の皆さまと協力すると共に、これからも共生社会の実現に向けて活動を行ってまいります。

    • 東京ガス所属のパラ水泳 木村敬一選手

      東京ガス所属のパラ水泳 木村敬一選手

    • ライトアップされた神奈川県庁(五輪カラー)

      ライトアップされた神奈川県庁(五輪カラー)

    • みなとみらいコスモクロック(パラ象徴カラー)

      みなとみらいコスモクロック(パラ象徴カラー)

  • 2019/11/09(土)10時〜12時

    令和元年三浦市総合防災訓練

    今回の訓練は三浦市が、地震に伴う津波発生時に地域住民への円滑な支援体制の確立及び市民の防災意識の向上を図ることを目的として実施しました。訓練会場のグラウンド内では、市民参加型訓練が行われました。また、三浦市役所からの依頼で横浜支店も神奈川導管ネットワークセンターと協働出展しました。会場の展示コーナーにおいて、地震防災対策パネル展示やマイコンメーター復帰操作の説明、神奈川導管ネットワークセンターからは緊急車の展示及びガス漏えい検知器などの展示説明を行いました。

    • 水防訓練に参加される吉田市長

      水防訓練に参加される吉田市長

    • マイコンメーター復帰操作説明 横浜支店 手島

      マイコンメーター復帰操作説明
      横浜支店 手島

    • PE管説明 神奈川導管 大塚さん

      PE管説明 神奈川導管 大塚さん

  • 2019/03/27(水)

    神奈川県と「地域見守り活動」に関する協定の締結

    神奈川県と東京ガスは、2018年10月に包括連携協定を締結し、SDGsの推進に向けた連携に取り組んでいます。この「地域見守り活動」は連携事業の「くらしの安全」に関する取組の一環です。
    全国的に高齢者や障がい者、生活に困窮された方々が、近隣に気づかれずに亡くなり、相当日数が経ってから発見される、いわゆる「孤立死・孤独死」と言う痛ましい出来事を未然に防止するため、県は個人宅を訪問する事業者と連携する「ゆるやかな協力体制づくり」に積極的に取り組んでいます。
    神奈川支社では、県内の地域に密着したライフバル各店に賛同を得て、業務で訪問したお客さま宅にて、異常が感じられた場合に市町村や警察・消防に通報・報告する活動に協力する協定を締結いたしました。

    • 協定書

      協定書

  • 2019/01/13(日)

    「横浜消防出初式2019」

    1月13日(日)、新春恒例の横浜消防出初式が横浜赤レンガ倉庫イベント広場で行われました。市内最大級の市民参加型イベントで、市民ら約10万人が見物に訪れ、関係者700人が参加・出展しました。
    赤レンガ倉庫前のブースにて、当社はマイコンメーターの復帰操作体験・パネル展示(災害時の応援・復旧体制)等、防災関係をPRしました。また、横浜市消防局のご理解とご協力により、消防応急ブース内と当社ブース2ヶ所でヒートショックパネルの展示や小冊子の配布を行いました。オープニングセレモニーでは林横浜市長がご挨拶され、最後は、横浜消防が誇る航空隊・消防艇・消防隊・消防団による躍動感あふれる放水演技・一斉放水が披露されました。
    当日は晴天の中、開催時間前から見物される市民が多数集まり、当社ブースにも多くのお客さまにご来場いただき、当社の防災の取り組みを知ってもらうきっかけとなりました。

    • 横浜市 林市長 開会挨拶

      横浜市 林市長 開会挨拶

    • 横浜市小林副市長と当社小和田支社長(当社展示ブース前にて)

      横浜市小林副市長と当社小和田支社長(当社展示ブース前にて)

    • マイコンメーター復帰操作説明(当社展示ブースにて)

      マイコンメーター復帰操作説明(当社展示ブースにて)

  • 2018/03/17(土)、18(日)

    イベント「みんなあつまれ2017」に参加

    昨年10月に台風により中止となった共生の理念を広めるイベント「みんなあつまれ2017」が、3月17日(土)・18日(日)に赤レンガ倉庫イベント広場で開催され、11万3千人が来場しました。東京ガスブースでは、障がい者スポーツ支援の取り組みと併せて「片手でクッキング」についても初めて紹介し、来場者の共感と関心を集めました。このイベントは、「ともに生きる」社会の実現を目指して神奈川県が主催したものです。
    当社は、今回のイベント「みんなあつまれ2017」において、障がいサービス事業所等が出店する食プロジェクトの実施に当たり、昨年9月に開催されたメニュー試作・試食会に協力。イベントの会期が平昌パラリンピックと重なることから清水一二氏(日本唯一の国際パラリンピック委員会メディアスタッフ)の報道写真展の開催にも協力するなど、イベントの盛り上げに努めました。

    • 会場の赤レンガイベント広場

      会場の赤レンガイベント広場

    • 「片手でクッキング」関連展示

      「片手でクッキング」関連展示

    • 平昌パラリンピック報道写真展を視察する黒岩知事

      平昌パラリンピック報道写真展を視察する黒岩知事

  • 2017/08/17(木)〜2017/08/18(金)

    横浜市教育委員会が主催する「子どもアドベンチャー2017」に参加

    子どもアドベンチャーは、横浜市教育委員会が市内の小中学生を対象に毎年夏休みに開催している体験イベント、「横浜まるごと冒険隊!〜いろいろなお仕事・人との出会い〜」をキャッチフレーズに、キャリア教育の視点から「働く」ことや、様々な社会体験を通じた「人との交流」の場を提供するとともに、体験を通じて子どもの夢を親子で語り合うなど「親子のふれあいのきっかけづくり」を目的としています。
    今年は公的機関・民間企業を含め79の団体が参加出展し、様々な会場で体験プログラムが実施されました。
    横浜支店は「地震にも強いガス管細工」と題したプログラムを、横浜ショールームの協力を得て開催、廃材PE管を使った「万華鏡づくり」やマイコンメーターの復帰体験・防災クイズ等を実施し、親子でガスや当社が取り組む防災・環境活動についてご理解を深めていただきました。

    • 防災クイズ実施中

      防災クイズ実施中

    • 万華鏡づくりの説明

      万華鏡づくりの説明

  • 2017/05/27(土)

    東京ガス人事部所属 パラ水泳選手の木村敬一が「横浜セントラルタウンフェスティバルY158」に出演

    東京ガス人事部所属 パラ水泳選手の木村敬一が、5月27日(土)「横浜セントラルタウンフェスティバルY158」のトークショーに出演しました。トークショーでは、パラリンピックの魅力や北京・ロンドン・リオ大会での経験や東京2020大会に向けての思いが語られ、明るくユーモア溢れるトークに観客の皆様は笑顔になり、大盛況のうちに幕を閉じました。トークショー終了後、東京ガスブースにて握手会を行い、100組を超えるお客さまから「メダルおめでとう」「勇気をありがとう」「これからも応援します」などの温かいご声援をいただきました。

    • パラリンピックの魅力を語る木村選手

      パラリンピックの魅力を語る木村選手

    • パラのメダルは音が鳴ることに観客から驚きの声

      パラのメダルは音が鳴ることに観客から驚きの声

  • 2016/01/10(日)

    横浜消防出初式2016に出展

    制服姿に身をかためた、林横浜市長の開会挨拶で始まった今年の横浜消防出初式2016。梯子乗りなど古式消防演技や消防音楽隊のダイナミックなドリル演技に続き、横浜市消防局の精鋭部隊(スーパーレンジャー)と、神奈川県警察、横浜救急医療チームなどが連携した総合訓練や横浜消防が誇る消防団、海上保安庁消防船による放水演技と一斉放水が披露されました。
    また、赤レンガ倉庫周辺では来場者に対して、消火器体験や救助体験等、さまざまな体験コーナーが設けられました。

    一方、協賛企業ブースでは、横浜支店も「東京ガスの防災コーナー」として、マイコンメーターデモ機や消火器の展示、ピピッとコンロの安全性や地震時対応についてパネルにより説明を行いました。

    • 企業ブースにて、東京ガスの地震防災対策をご説明。

      企業ブースにて、東京ガスの地震防災対策をご説明。

    • 9万人の来場者が訪れた、赤レンガ企業展示風景。

      9万人の来場者が訪れた、赤レンガ企業展示風景。

    • 林 横浜市長による、開会のあいさつが行われました。

      林 横浜市長による、開会のあいさつが行われました。

  • 2016/01/06(水)

    横浜市 都筑消防署より「消防署長表彰」を授与

    横浜支店は横浜市都筑消防署及び実行委員会が主催する「平成28年都筑区消防出初式」功労企業表彰授与式に参加し、「消防署長表彰」を授与されました。

    こちらの表彰は区民及び消防署関係者へ対しての日頃の防災活動や区民に対する防災意識高揚の働きかけなどに対する功績が評価を受けて表彰に繋がりました。(消防署員さま及び消防団員さま、災害対策連絡協議会などに対して防災対策講座の開催や行政と協働した防災イベントの出展など)

    都筑区以外の企業が表彰を受けた実績は無く、当社が初めての受賞となりました。今後も区民の皆さま、消防関係者さまに対して、当社安全対策のより一層の理解が進む様に努めて行きたいと思います。

    • 都筑区消防出初式のポスター

      都筑区消防出初式のポスター

    • 功労企業表彰授与式に参加し「消防署長表彰」を授与

      功労企業表彰授与式に参加し「消防署長表彰」を授与

    • こちらの感謝状を頂きました

      こちらの感謝状を頂きました

  • 2015/06/20(土)

    横浜市健康福祉局主催「親子DE食育」イベントに協力

    横浜ショールームおよび横浜支店は、6月20日に横浜ショールームにおいて、『親子で簡単クッキング体験』を開催しました。
    このイベントは、6月の食育月間に親子で食育を学び体験する「親子DE食育〜よこはま食育イベントー食育月間特別プログラム〜」として横浜市健康福祉局が企画、また横浜ショールームが入るマークイズみなとみらいが6月21日に2周年を迎えることから、その記念イベントも兼ねて行われたものです。
    簡単クッキングの体験として、横浜産の野菜を使用した特別メニュー「小松菜のチーズパンケーキ カラフル野菜添え」を準備したところ、お客さまにお並びいただくほど大盛況。当日は93名の方が体験し、参加者からは「普段食べてくれない野菜も、親子で一緒に料理すると食べてくれました」等の感想をいただきました。
    マークイズみなとみらいのメイン会場では、フードコーディネーターの住川啓子さんによる実演トークショーや横浜市場活性化協議会による横浜の食材についてのお話会などが行われました。

    • 東京ガス横浜ショールーム会場入り口には、本日のメニュー「小松菜のチーズパンケーキ カラフル野菜添え」と使用する食材を展示

      東京ガス横浜ショールーム会場入り口には、本日のメニュー「小松菜のチーズパンケーキカラフル野菜添え」と使用する食材を展示

    • クッキングインストラクターがパンケーキをレクチャー。幼児連れのお客様に多くご参加いただきました。

      クッキングインストラクターがパンケーキをレクチャー。幼児連れのお客さまに多くご参加いただきました。

    • メイン会場のマークイズみなとみらいグランドガレリア

      メイン会場のマークイズみなとみらいグランドガレリア

  • 2015/03/14(土)

    神奈川県との共催で「未病を治す」をテーマとした料理教室を開催

    3月14日、横浜ショールーム クッキングスタジオにおいて、『和食の料理教室 おうちで楽しむスピード和ごはん〜食から未病を治そう!〜』を神奈川県と共催で開催しました。
    県は昨年1月、健康寿命日本一を目指すと取組みとして「未病を治すかながわ宣言」を発表しました。神奈川支社ではいち早くこれに賛同し、「未病を治す」をテーマにした料理教室を提案して開催に至りました。

    県民への参加募集は、県のたよりやホームページ、NHK-FMラジオ等でおこなったところ、32名の定員をはるかに超える460名の応募があり、県民の健康的な食生活に対する関心の高さを実感しました。

    料理教室の内容は、県の栄養士による「体重管理で賢くヘルスアップ!!」の講演後、健康寿命を延ばすと言われている和食メニュー4品「鮭とれんこんのふんわり揚げ」「きのこの豆乳味噌汁」「豚肉と野菜の生姜塩麹和え」「長いもぜんざい風」(最新のガスコンロを上手に使ってスピード同時調理)を紹介。
    また、食材はできるだけ神奈川県産の新鮮なものを使用することで、旬のおいしさを味わっていただきながら、地産地消を実現いたしました。
    参加者からは「食生活を見直すきっかけとなりました」「豆乳味噌汁がとても美味しく、塩分を減らす内容で活用したい」「スピード料理で忙しいときにピッタリ」等の感想をいただきました。

    • 調理デモンストレーションを熱心に聞く参加者のみなさま

      調理デモンストレーションを熱心に聞く
      参加者のみなさま

    • 作った料理と使用した神奈川県産の食材

      作った料理と使用した神奈川県産の食材

  • 2014/05/30(金)〜2014/06/01(日)

    横浜セントラルタウンフェスティバル"Y155"に出展

    2009年の横浜開港150周年の後、新たな横浜を目指し発展を続けていくために2010年から横浜セントラルタウンの伝統ある地域(馬車道・関内・山下公園通り・中華街・元町・山手町の商店街)がひとつにまとまって、子どもから大人まで幅広い世代が楽しめるイベントが、毎年開催されております。
    今回、東京ガスはそのメインステージの横にブースを設置して、ピピッとコンロの安全性や利便性をPRしながら、ガスの相談所としてお客さまのお悩み事やご相談にお答えしました。
    イベント期間中は天候も良く、たくさんのお客さまにご来場頂きました。

    • コンロについてのご相談にお答え

      コンロについてのご相談にお答え

    • ピピッとコンロの利便性をPR

      ピピッとコンロの利便性をPR

    • イベント風景

      イベント風景

  • 2013/02/03(日)

    神奈川マラソン給水ボランティア

    平成25年2月3日(日)横浜市磯子区で開催された「神奈川マラソン」に根岸工場をはじめ、神奈川県内の当社各事業所から、約80名のボランティアが参加し、根岸工場前で、「ガ、スマート!」のTシャツやベンチコートを着て、給水ボランティアを行いました。さらに、ランナーとしても全社から40人が参加し、大会を大いに盛り上げました。また、10kmの部では、協賛企業の代表として早川神奈川支社長がスターターを務め、ランナーに声援を送りました。

    ハーフマラソンには神奈川県の黒岩知事も選手として参加され、当社の地域貢献活動をご理解していただけました。

    大会の前日には、根岸工場の職員がコースとなる道路の清掃活動を行い、ランナーの皆さまが快適に走れるよう万全の準備を行いました。

    • 10kmのスターターを務める 早川神奈川支社長

      10kmのスターターを務める
      早川神奈川支社長

    • 給水ボランティアに80名が参加

      給水ボランティアに80名が参加

  • 2013/02/16(土)

    神奈川区子ども会 ガスの科学館見学会

    子育て施策に重点をおく横浜市神奈川区の要請で「神奈川区子ども会 ガスの科学館見学会」を開催しました。3年目の開催となる今回も沢山の応募があり、抽選で当選した小学生とその保護者総勢95名を、大型観光バス2台でガスの科学館にご案内しました。

    ガスの優位性・安全性等を理解する機会になっただけでなく、エネジースタジオでの実験やホールでのクイズ大会では大きな歓声が上がり、ガスの科学館を楽しんでいただけ、参加者の方々からは感謝の声をいただきました。

    • 気球ひろばでの集合写真

      気球ひろばでの集合写真

    • プカの道(都市ガスの旅)を確認して!

      プカの道(都市ガスの旅)を確認して!

    • エナジースタジオでの体験

      エナジースタジオでの体験

  • 2012/10/31(水)

    「横浜ガスライトフェスティバル2012」に参加・協力

    1872年(明治5年)の10月31日、日本最初のガス事業が、横浜市で発足しました。
    10月31日の「ガスの記念日」に「横浜ガスライトフェスティバル」が馬車道で開催されており、今年も「横浜ガスライトフェスティバル2012」に、横浜支店も実行委員として参加・協力しました。
    ガス灯点灯レセプションには早川神奈川支社長が参加し、点火棒にてガス灯に点火すると、観衆のみなさまから盛大な拍手が沸き起りました。また、神奈川県立歴史博物館前では、東京ガス神奈川導管ネットワークセンターと横浜支店による「花ガス(ガスミュージアム所蔵)の展示・燃焼」と、東京ガスエネフロント(株)による「ガス灯パネルの展示」を行い、多くの人が関心を持って立ち止り、見つめていました。

    • 県立歴史博物館前での「花ガス」展示風景(「花ガス」はガスミュージアム所蔵品)

      県立歴史博物館前での「花ガス」展示風景
      (「花ガス」はガスミュージアム所蔵品)

    • 東京ガスエネフロント(株)による、ガス灯パネル展示風景

      東京ガスエネフロント(株)による、
      ガス灯パネル展示風景

    • ガス灯点灯式(右:早川神奈川支社長)(写真:東京新聞社提供)

      ガス灯点灯式(右:早川神奈川支社長)
      (写真:東京新聞社提供)

  • 2012/7/31

    横浜駅周辺で『打ち水大作戦』

    横浜支店は、横浜市、西区環境行動推進本部が実施する『にしく打ち水大作戦2012』に、神奈川導管事業部、東京ガスライフバル横浜中央とともに参加しました。本活動は、平成21年度から「地域が一体となった取組み」の一環として行っているもので、今年で4回目となりました。
    横浜市、西区環境行動推進本部は、平成20年度の横浜市脱温暖化行動方針の策定を踏まえて、西区において、区民・事業者・学校・行政によって構成される組織で、東京ガスも設立当時から参加しています。当日は、横浜駅周辺(当社は西口の高島屋前と横浜モアーズ前)で、大久保西区長や地元の保育園児らとともに打ち水を実施。39℃だった路面をすぐに32℃まで下げることができました。

    • 大久保 西区長のご挨拶

      大久保 西区長のご挨拶

    • 消火器で水まきをする園児

      消火器で水まきをする園児

    • 39℃あった路面も32℃に

      39℃あった路面も32℃に

このページの先頭へ