東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 東京ガスの社会貢献活動 > 活動報告一覧 > 熊谷支社

東京ガス 社会貢献活動 東京ガスグループ社会貢献の取り組み

熊谷支社

  • 2017/11/19(日)

    羽生市総合防災訓練に参加

    平成29年11月19日(日)、茨城県南部を震源とする強い地震が発生したことを想定し、羽生市総合防災訓練が開催されました。訓練は、市、関係機関、災害時応援協定団体、住民が連携しての実践的な各種訓練(災害医療訓練、車両救出訓練、炊き出し訓練など)が行われ、当社もライフラインの途絶を想定した応急復旧訓練に参加し、ガス管損傷に伴うガス漏れの応急修理・復旧を行いました。
    なお、訓練会場では、水中歩行体験、災害伝言ダイヤル体験、煙ハウス体験、救援物資の配布なども行われ、市民の方が体験されていました。

    • ライフライン復旧訓練

      ライフライン復旧訓練

    • 羽生市総合防災訓練開会式

      羽生市総合防災訓練開会式

  • 2016/5/13(金)〜2016/10/14日(金)

    第8回熊谷市みどりのカーテン・コンテストに入選

    熊谷市は関東平野の北西部に位置し、内陸的な気候で冬寒く、夏暑い地域特性です。熊谷市では、暑さから市民を守り涼を楽しむ様々な取り組みをはじめ、みどりのカーテン・コンテストなどの壁面緑化事業を実施し市民協同による熊谷流の「環境共生型ヒートアイランド対策」に取り組んでいます。

    熊谷支社では平成21年よりはじまった「熊谷市みどりのカーテン・コンテスト」に毎年参加しており、第8回目となる今年度は事業者部門において入選を果たすことができ、10月14日に熊谷市役所において表彰をうけました。

    • ゴーヤで作ったみどりのカーテン

      ゴーヤで作ったみどりのカーテン

    • ショールームの内側から見たみどりのカーテン

      ショールームの内側から見た
      みどりのカーテン

    • みどりのカーテン・コンテスト表彰式

      みどりのカーテン・コンテスト表彰式

  • 2015/10/17(土)

    埼玉県立総合教育センター一般公開に初出展

    10月17日(土)、東京ガス埼玉支社と熊谷支社は、埼玉県総合教育センター一般公開「集まれ!センター探検隊2015」に、「燃料電池自動車を走らせよう」というワークショップで初出展しました。一般公開全体では昨年度よりも多い、1,163名の来場があり、多くの小学生が興味のあるブースを選び参加していました。

    当社ワークショップも燃料電池に興味のある子どもや、保護者に勧められて参加した子どもなど多くの方が訪れ燃料電池への関心の高さがうかがわれました。各回15名定員で開催したこともあり、満員の為に参加をお断りしなければならない場面もありましたが、参加した方からは「電気のしくみが理解しやすかった」「車を走らせるだけでなくエネルギーのお話、クイズがあったのでとても良かった」など感想を頂きました。

    今年度、総合教育センターとはセンター職員向け研修と教員研修でのご協力を通じ関係強化を続けており、支社間で連携しながら地域貢献の一般公開に出展しました。

    • 燃料電池についての説明

      燃料電池についての説明

    • 燃料電池についての説明

      燃料電池についての説明

    • 燃料電池自動車を走らせよう

      燃料電池自動車を走らせよう

このページの先頭へ