東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 東京ガスの社会貢献活動 > 活動報告一覧 > 神奈川西支店

東京ガス 社会貢献活動 東京ガスグループ社会貢献の取り組み

東京ガス 社会貢献活動コンテンツ本文へ

神奈川西支店

  • 2019/05/11(土)〜2019/05/12(日)

    相模原市民若葉まつり「かんきょうフェア2019」に参加

    当支店が会員になっている「相模原の環境をよくする会」のブースでは、ガス管(PE管)の廃材を使って、子ども達に動物・乗り物・お花等の型枠にガス管(PE管)のチップを色とりどりに並べてもらって作るアイロンビーズの工作を、多くの家族連れに楽しんでいただきました。
    環境PRコーナーでは、当社の環境保全への取り組みについて紹介しました。本イベントのクイズラリーの問題の中にも、当社の環境PRパネルに記載されている内容が出題されました。

    • 東京ガスの環境活動を紹介

      東京ガスの環境活動を紹介

    • ガス管(PE管)の再利用でアイロンビーズ工作

      ガス管(PE管)の再利用でアイロンビーズ工作

    • ガス管(PE管)の再利用でアイロンビーズ工作

      ガス管(PE管)の再利用でアイロンビーズ工作

  • 2018/10/17(水)

    藤沢市職員スポーツ大会「ボッチャの部」に参加

    スポーツの秋。毎年恒例である「藤沢市職員スポーツ大会」が秩父宮体育館で開催され、藤沢市と包括協定を締結している企業2社(東京ガス(株)神奈川西支店と東京海上日動火災保険(株)湘南平塚支社)が参加しました。この職員スポーツ大会では、「ボッチャ」の他に「ドッヂビー」「軟式野球」「ボウリング」の競技が各部の対抗戦で行われ、市庁舎内でのよいコミュニケーションにもなります。ボッチャでは、1チーム3名トーナメント方式で行われ、神奈川西支店からは支店長を含め4名、東京ガスライフバル湘南から2名が参加し、試合に臨みました。藤沢市職員の皆さまには初めて体験する方も多く、1球1球投げるたびに試合状況が変化することで、会場の熱気も急上昇!とても盛り上がり、交流を深めることができました。

    • 藤沢市職員スポーツ大会「ボッチャの部」開会式

      藤沢市職員スポーツ大会「ボッチャの部」開会式

    • 次の試合の勝利に向けて、作戦会議中!

      次の試合の勝利に向けて、作戦会議中!

    • 参加メンバー、試合が終わりお疲れさまでした!

      参加メンバー、試合が終わりお疲れさまでした!

  • 2018/03/10(土)

    「ふじさわボッチャ競技大会」を藤沢市と共催

    3月10日(土)、秋葉台文化体育館第一体育室にて「ふじさわボッチャ競技大会」が開催され、藤沢市で初めてとなるこのイベントに共催として参加しました。当社は開催に先立ってボッチャ体験会の実施など大会のPRを行い、当日はパネル展示やボッチャ体験コーナーを担当するなど、大会運営に協力しました。
    藤沢市長、市議会議長、長野パラリンピック開会式で振付を担当した振付師の南流石(みなみさすが)氏、野尾支店長による始球式を皮切りに試合を開始しました。大会は、一般の部(24チーム)とレクリエーションの部(12チーム)に分かれたトーナメント制で行われ、決勝戦ともなると大変ハイレベルな試合となり、一球一球に会場全体が息を飲む展開となりました。藤沢市では、子どもから高齢者まで障がいの有無に関わらず、同じフィールドで楽しみながら参加できるボッチャ競技大会を来年度も実施する予定です。当社としても、今後も協力をしていきたいと考えています。

    • パネル展示(障がい者スポーツ支援関連の取り組み)

      パネル展示(障がい者スポーツ支援関連の取り組み)

    • 参加者全員で準備体操

      参加者全員で準備体操

    • 開場全体風景 (一般の部:8コート レクレエーションの部:4コート)

      開場全体風景 (一般の部:8コート レクレエーションの部:4コート)

  • 2017/05/27(土)〜2017/05/28(日)

    第16回鎌倉ビーチフェスタ2017初出展

    5月27日(土)・28日(日)の2日間、鎌倉市由比ヶ浜海岸において鎌倉ビーチフェスタ実行委員会(鎌倉商工会議所含)主催の『鎌倉ビーチフェスタ』に初出展しました。
    当社ブースでは、パラスポーツの素晴らしさを伝えるパネル展示や、『ボッチャ体験会』を実施しました。特に、昨年リオのパラリンピック大会で銀メダルを獲得した「ボッチャ」の体験会では、簡単な試合形式で対戦し、公式球の重さや狙いを定めてプレイすることの難しさなど、多くの方に体験いただきました。
    この機会を通して、オフィシャルパートナーとして、東京ガスの障がい者スポーツや共生社会に向けた取り組みを広く紹介することができました。

    • パラスポーツパネル展示

      パラスポーツパネル展示

    • 地元のサーファーの方にも体験いただきました

      地元のサーファーの方にも体験いただきました

    • 初めてのボッチャ体験、ミス鎌倉の皆さま

      初めてのボッチャ体験、ミス鎌倉の皆さま

  • 2016/10/02(日)/2016/10/22(土)

    『かながわパラスポーツフェスタ』に東京ガスグループとして協賛

    10月2日(大和市)、22日(藤沢市)にて、神奈川県スポーツ局・大和市・藤沢市主催の『かながわパラスポーツフェスタ』に神奈川支社で連携し、協賛企業として参画しました。東京ガスは(公財)日本障がい者スポーツ協会のオフィシャルパートナーとして、障がい者スポーツの推進に力を入れています。

    両日ともメイン会場となる体育館では、木村敬一選手(パラ水泳:東京ガス所属)の活躍を始めとしたパラスポーツの素晴らしさを伝えるパネルなどを展示して皆様をお出迎え。更に2日の大和会場では、ドクターフィッシュ体験コーナー、22日の藤沢会場では、セーリングを知ってもらうために“バーチャルセーリングコーナー”も出展しました。
    また、22日藤沢会場では、東京ガスライフバル湘南ショールームおよびキッチンランド湘南をサテライト会場として、セーリングロゴと“キュンとするまち、藤沢”(藤沢市シティプロモーション)マークの焼印入りのパンケーキづくりも行いました。ショールーム内ではスペースを提供し、40年以上にわたり障がい者のスポーツ記録活動を続けている写真家・清水一二氏による「圧巻!パラアスリート写真展」にて、躍動溢れるパラアスリートの雄姿を来場した皆様にご覧いただきました。

    今回初めて、自治体様と東京ガスグループが一緒になって、地域の皆様におけるパラスポーツの理解促進の形ができました。引き続き東京ガスは、グループを挙げて共生社会の実現を目指して参ります。

    • 体育館にてパラスポーツをPR

      体育館にてパラスポーツをPR

    • 写真家・清水一二様の写真展

      写真家・清水一二様の写真展

    • セーリングロゴパンケーキづくり

      セーリングロゴパンケーキづくり

  • 2016/07/23(土)〜24日(日)

    ひらつか環境フェア2016に出展

    神奈川西支店では、7月23日(土)・24日(日)、ひらつか環境フェア実行委員会および平塚市主催の環境イベント「ひらつか環境フェア2016」に出展いたしました。

    『自然から学び、生活にいかそう!』をテーマに、市民活動団体や事業者、大学等が出展し、環境教室では、体験しながら楽しく学ぶことができ多くの家族づれで賑わいました。

    当社ブースでは、環境への取り組みやエネファームの環境性をパネル展示等で紹介しつつ、『燃料電池体験コーナー』を併設し、手作りの『プラモデルカー』による走行実験や『LEDを使った星座』の点灯実験を行い、水素の充填体験を通じて“燃料電池”に強い関心を持っていただくことができました。また、環境教室では、『間伐材でコースター作り』を行い、長野の森環境保全活動への取り組みもご紹介いたしました。

    • クイズラリーのヒントがあります。

      クイズラリーのヒントがあります。

    • 水素を充填してLEDで星座を輝かせよう!

      水素を充填してLEDで星座を輝かせよう!

    • 間伐材でコースター作りに熱心な子供たち

      間伐材でコースター作りに熱心な子供たち

  • 2016/03/24(木)

    相模原市環境情報センター主催 環境のお仕事相談会に参加

    相模原市橋本公民館において、相模原市環境情報センター主催の「地球環境を守るを仕事に」〜環境のお仕事相談会〜が開催されました。

    内容は、将来環境に関わる仕事に就きたいという希望を持っている大学生、若手社会人の方を対象に、環境に携わる仕事をしている人達に、現在の仕事内容やそこに至るまでの経緯、仕事の裏話などを伺い、環境分野に貢献できる仕事について考える機会とするものです。当社は主催者からの出演依頼を受け、ゲストスピーカーとして参加しました。
    色々な職場で、幅広い経験を積む事が環境の仕事にも生きてくること、また、エコ・クッキングインストラクターとして活動していることが自然と普段の生活でも生きているという話に、参加者の皆さまも頷いていました。

    当社としても、市の活動への協力とともに、これから仕事を選ぼうとする若い世代へ当社の取り組みを発信することができ、とても貴重な経験となりました。

    • 冒頭で当社の環境の取組みについて発表

      冒頭で当社の環境の取組みについて発表

    • 学生からの質問に応える参加者

      学生からの質問に応える参加者

  • 2015/05/30(土)

    里山の草刈り作業

    5月30日(土)、毎年の実施が恒例になっている相模原市緑区小松・城北地区での草刈り作業を「東京ガスライフバル澤井」、「東京ガス星光会さがみ支部」、「地域の里地里山を守る会」、「相模原市みどり環境課」と協働で行いました。
    この活動の趣旨は、「相模原市里地里山の保全等の促進に関する条例」が施行され、東京ガスグループとして自然環境貢献活動の一環として行ったものです。

    当日は厳しい暑さの中、草もかなり長く成長しており大変ではありましたが、無事に田んぼ跡地の草刈りを行い爽やかな汗を流しました。
    総勢25名で約2時間の作業でした。

    • 草と格闘している参加者

      草と格闘している参加者

    • 終了後の現場

      終了後の現場

    • 草刈り作業

      草刈り作業

  • 2015/04/12(日)

    「まちエコ フリーマーケット」に協力出展

    4月12日(日)、『まちだエコライフ推進公社』主催による「まちエコ フリーマーケット」が町田リサイクル文化センター隣接地にて開催されました。
    まちだエコライフ推進公社は、町田市が推進する環境政策に協力し、町田市民の自主的積極的な取り組みを支援することで、環境負荷の少ない持続可能な循環型社会の実現に寄与することを目的として事業を行っています。
    本イベントは、エコライフ推進公社のミッションであるゴミ減量に特化したリサイクルを目的として年に5回ほど開催されております。
    今回は、業務の柱であるリサイクルから更に一歩踏み込み、市民の皆さまに環境問題についても関心を持っていただけるようなイベントにしたいとのご相談をいただき、出展協力をしたものです。

    内容としては環境関連のパネル展示と環境クイズおよび、燃料電池実験キットを使い実際に発電を体験していただいたりと、大勢の方々で賑わいました。
    環境クイズは、パネルを見ながら熱心に取り組んで頂く姿が印象的で、市民の皆さまの環境面への意識の高さを実感することができました。

    • 簡単な環境クイズにチャレンジしましょう

      簡単な環境クイズにチャレンジしましょう

    • 環境クイズで賑わう展示ブース内

      環境クイズで賑わう展示ブース内

    • 燃料電池実験キット(ミニ四駆)体験コーナー

      燃料電池実験キット(ミニ四駆)
      体験コーナー

  • 2014/07/26(土)

    遊行の盆 遊行ばやしコンテストに参加

    盆踊りは、藤沢の「遊行寺」での踊り念仏が発祥とされています。藤沢市と藤沢商工会議所では、この歴史と地域の活性化を結びつけるため、「藤沢宿・遊行の盆」を9年前から開催しています。踊りづくしの3日間にわたる催しのひとつに「遊行ばやしコンテスト」があり、企業・踊りサークル・中学校など、地域の24団体が参加しました。
    私たちは『湘南のガス屋さん』として、東京ガス神奈川西支店・東京ガスライフバル湘南・東京ガスOB総勢30名で連を組み、優雅に遊行ばやしを踊りました。幾晩か一生懸命練習した甲斐あってか、昔ガス灯にあかりを灯していた点消方(てんしょうかた:副支店長)先導のもと、ガス屋さん一丸となって踊りを通して街を明るくできました。
    沿道で見物されていた方々から"ガス屋さんがんばって!"と応援の言葉もいただき、一同嬉しく、またガス屋さんが地域に密着している存在であることを有難く感じました。
    残念ながら入賞できませんでしたが、これからも「安心・安全・信頼」をモットーに、地域の皆様にお役に立てる存在であり続けようと、メンバーの心にあらためて火がついたひとときでした。

    • 点消方に先導されて踊るガス屋さんたち

      点消方に先導されて踊るガス屋さんたち

    • 踊り終わって達成感満載!『湘南のガス屋さん』一同

      踊り終わって達成感満載!
      『湘南のガス屋さん』一同

    • 支店長が会頭より出場5回感謝状を受け取りました

      支店長が会頭より
      出場5回感謝状を受け取りました

このページの先頭へ