東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 東京ガスの社会貢献活動 > 活動報告一覧 > 東京中支店

東京ガス 社会貢献活動 東京ガスグループ社会貢献の取り組み

※2020年4月、東京ガス中央支店は「東京中支店」に名称変更いたしました。

東京中支店

  • 2020/10/17(土)〜2021/03/31(水)

    中央区 子どもとためす環境まつりWEB版に参加

    中央区では例年、区内の環境ボランティア団体「中央区環境保全ネットワーク」が区と共催で環境まつりを開催しています。多くの団体が参加すると共に地域の子どもたちも運営側のスタッフとして参加し大いに盛り上がりを見せています。東京中支店でも継続的にリサイクル工作等を出展し、一員として参加してまいりました。
    しかし、今年度は、コロナの影響で実地にて開催することが出来ないことから、代案を検討した結果、WEB上にて開催することとなりました。具体的にはYouTubeのチャンネル機能を利用し、出展団体が制作した環境啓発活動につながる動画を掲載しようというものです。
    東京中支店では、ガスの科学館の展示の中から、動画を見る子どもたちに「なるほど〜」や「そうなんだ!」と感じてもらえるような環境関連の素材を厳選し、オリジナルのクイズ動画を作成しました。(2021/3末まで掲載予定)

    【子どもとためす環境まつりチャンネル】
    https://www.youtube.com/channel/UCf7y-LJ_r24bLH4kcIcFYXQ
    【東京ガスのクイズ動画】
    https://www.youtube.com/watch?v=AJo098oZEA8&list=PLGK4prXjlUJ3msPdvYaNivf4_BVS9Mqvb&index=16

    ※YouTube(外部ページ)に遷移します。音声設定等にご注意ください。

    • 子どもとためす環境まつりポスター

      子どもとためす環境まつりポスター

    • 東京ガスの見出し画像

      東京ガスの見出し画像

    • クイズ画面

      クイズ画面

  • 2018/11/01(木)

    ハロウィン翌日の渋谷駅周辺の清掃活動に参加

    11月1日(木)、渋谷区主催の環境美化・浄化に関する啓発キャンペーンが開催され、中央支店とライフバル渋谷から9名が参加しました。
    このキャンペーンは「きれいなまち渋谷をみんなでつくる条例」の趣旨に基づき、区民・事業者・区が一体となって環境美化・浄化に関する啓発キャンペーンを行うと共に、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向け、ごみのないきれいなまちを目指し、春と秋の年2回、渋谷駅周辺の清掃活動を行っているものです。例年、秋のキャンペーンは10月の午後に開催されていましたが、一昨年からハロウィン翌日の午前中開催へと変更されました。この日は、71団体約530名が参加されました。
    開催にあたり行われたセレモニーでは、長谷部区長やご来賓の皆さまからのご挨拶やご紹介などがありました。
    セレモニー終了後、参加者たちはカボチャのイラストが描かれたオレンジ色のビニール袋とトングを手に、渋谷センター街などの渋谷駅周辺を清掃しました。

    • 参加者:中央支店とライフバル渋谷

      参加者:中央支店とライフバル渋谷

    • 渋谷センター街を中心に清掃活動

      渋谷センター街を中心に清掃活動

  • 2017/07/09(日)

    東京ガスカップサッカー大会&視覚障がい者5人制サッカー体験会

    7月9日(日)中目黒公園にて、東京ガスカップ目黒区少年サッカーブロック選抜選手権大会が開催され、8チーム約120名の選手が出場しました。この大会は、目黒区サッカー協会・少年の部主催、東京ガス中央支店と東京目黒ライオンズクラブ様後援のもと開催され、今年で28回目を迎えます。
    今年は、サッカー大会と同会場にて「視覚障がい者5人制サッカー体験会」を実施し、選手や大会関係者等、約100名にご体験いただきました。体験された方からは「目が見えなくて怖かった。」「ボールを蹴るのも指示を出す方も両方難しかった。」等のお声がありました。体験を通して、視覚障がい者5人制サッカーに興味を示す方も多く、「本物の試合を見てみたい。」「日本代表を応援したい。」との感想やコートの大きさ、ガイドの役割等についてご質問をいただきました。
    大会終了後に行われた表彰式では、目黒区長 青木英二様、目黒区議会議長 佐藤昇様、東京目黒ライオンズクラブ会長 黒澤清和様、東京ガス株式会社中央支店長 松戸満香より、優勝カップや賞状、メダル等が授与されました。

    • 左から目黒区長青木英二様、松戸満香中央支店長

      左から目黒区長青木英二様、松戸満香中央支店長

    • サッカー大会の様子

      サッカー大会の様子

    • 視覚障がい者5人制サッカー体験会の様子

      視覚障がい者5人制サッカー体験会の様子

  • 2017/03/11(土)

    ガスミュージアムへの火育バスツアー

    3月11日(土)品川区役所八潮地域センター様・潮路南第二ハイツ自治会様のご協力のもと、“火やガスの歴史を学び、災害時に役立つ火の知識と技を体験”する「ガスミュージアムへの火育バスツアー」(29名参加)を実施しました。
    ガスミュージアム到着後、古代の火起こし体験で「火の始まりと恵み」を学び、ガスミュージアム見学では「都市ガスの歴史(町のあかりから熱源へ)」を学びました。その後、災害時に火を扱うために必要な道具や場所選び等を学んだ後、おしるこを作り、試食をしました。最後に、薪の組み方と火のコントロール方法や消火方法をご紹介し、プログラムは終了しました。
    災害時に役立つ火の知識に加えて、ガスミュージアムをご見学いただくことで、“都市ガス利用の歴史からその恩恵”までを包括的にご体験いただくことができました。
    4時間程の滞在時間となりましたが、子ども達は元気いっぱいで、参加された保護者の方や自治会の方にも大変ご好評をいただいた企画となりました。

    • 古代火起こしで火を起こす大変さを学ぶ

      古代火起こしで火を起こす
      大変さを学ぶ

    • ガスミュージアム見学でガスの歴史を学ぶ

      ガスミュージアム見学で
      ガスの歴史を学ぶ

    • 災害時に役立つ火の知識を学ぶ

      災害時に役立つ火の知識を学ぶ

  • 2017/1/14(土)

    「第23回大田区少年野球教室」開催

    1月14日(土)大田区少年野球チームの児童を対象に、東京ガス野球部員が野球の実技指導を行う野球教室を開催しました。この教室は、当社野球部が練習拠点としている大田区の子供たちに対し、野球技術の向上と地域貢献を目的として1994年から開催しており、今年で23回目となります。今年は1年生から6年生、174名に参加いただきました。当日は野球部員55名が、子供たちに投球、打撃、守備の実技指導を行いました。
    少年野球チームのコーチや監督も、指導方法をメモしたり、動画を撮影するなど熱心に聞き入っていました。
    冬晴れの寒い一日でしたが、子供たちの活き活きとした姿が印象的でした。

    • 現役選手による投球のデモンストレーション

      現役選手による
      投球のデモンストレーション

    • 現役選手による打撃のデモンストレーション

      現役選手による
      打撃のデモンストレーション

  • 2016/6/11(土)

    「港区防災ボランティア養成講座」に参加

    この講座は、高輪地区(港区)の地域防災力向上および地域コミュニティの活性化を目的に、地区内大学生・在住者の防災ボランティアを養成するため高輪地区総合支所が開講したものです。(全10回講座)

    当日の第3回講座では、ライフライン各社((1)東京電力パワーグリッド、(2)NTT東日本、(3)東京ガス、(4)東京都水道局)の取組みが順番に紹介されました。
    当社は、地震防災対策ならびにガスコンロの安全機能をご紹介しました。特に震災時の防災ボランティアの役割として、マイコンメーターの復帰操作のご協力をお願いしました。

    • 東京ガスの地震防災対策の紹介

      東京ガスの地震防災対策の紹介

    • 東京ガスの地震防災対策の紹介

      東京ガスの地震防災対策の紹介

  • 2015/11/28(土)

    みなとスポーツGOMI拾い大会に参加

    この大会は、みなと環境にやさしい事業者会議(mecc)が主催したもので、スポーツ感覚でゴミ拾いを楽しみながら、一緒に美しい街にしようというものです。昨年初めて開催され、今年で2回目の参加となります。

    新橋駅前のSL広場で開会のセレモニーが実施され、スタートの合図で各チームが渡された地図と注意事項を確認して、一斉に動き出しました。ゴミは「燃える」「燃えない」「ビン・缶」「ペットボトル」「たばこの吸い殻」に区分され、ポイントが決められています。中でも、たばこの吸い殻が最も高くなっています。
    当社も優勝を目指してチーム一丸となり、ゴミを拾いましたが残念ながら上位に入ることは出来ませんでした。しかし、ゴミが宝物のように見えるほど、楽しく充実した時間を通して、街もきれいになりました。 押しつけではない楽しいゴミ拾いでした。

    • ゴミを拾うチーム員

      ゴミを拾うチーム員

    • ゴミを拾うチーム員

      ゴミを拾うチーム員

    • 本日のゴミと参加者

      本日のゴミと参加者

  • 2014/08/20(水)

    大丸有のイベント「エコキッズ探検隊2014」に参加

    「エコキッズ探検隊」は、「打ち水プロジェクト」「大丸有つながる食プロジェクト」などとともに、大丸有のオフィスエリアならではの視点を活かした「エコッツェリア協会(※)」が主催するイベントの一つです。
    東京ガスのワークショップでは、出張授業プログラムとともに、暮らしのなかでできる省エネを学ぶワークショップや「間伐材コースター作り」、「火育」といった様々なコンテンツが提供・実演されました。(プログラムは「ガスノヒミツヲサグレ」「ガス管をリサイクル?」「ヒヲアヤツレ」「身近な省エネ」「モリトトモニ」の5つ。)

    ※エコッツェリア協会:大手町・丸の内・有楽町エリアの企業の協力関係をもとに設立された一般社団法人。新丸ビルの環境戦略拠点「エコッツェリア」を運営するなかで、産官学民とのパートナーシップを図り、大丸有エリアのまちづくり推進や、エコに関する調査研究・情報発信、各種イベントの開催などを行っている。

    • 「エネルギー調査隊〜指令:ガスを調べよ〜」の作戦説明の様子

      「エネルギー調査隊〜指令:ガスを調べよ〜」
      の作戦説明の様子

  • 2014/08/07(木)

    「経済産業省子どもデー」のワークショップ企画に参加

    「経済産業省子どもデー」は、子どもたちが夏休みに政府の施策に対する理解を深めてもらうことを目的に各府省庁で開催される「子ども霞が関見学デー」の一環として行われるものです。今年は、8月6日、7日の2日間で開催され、昨年度の2倍の来場者数がありました。
    東京ガスは、8月7日、「経済産業省子どもデー」のワークショップ企画に参加し、学校教育向けプログラム「燃料電池ってなんだろう?」を実施しました。
    同プログラムは、主な発電の仕組み、各発電方式の長所・短所、燃料電池の構造などを講義すると共に、子どもたちが「燃料電池キット」を使って自分の手で発電の実験ができるものです。ワークショップには定員以上の親子連れが参加を希望され、子どもたちは講義に真剣に聞き入り、実験を楽しんでいました。

    • プログラム「燃料電池ってなんだろう?」の様子

      プログラム「燃料電池ってなんだろう?」
      の様子

  • 2014年5月25日(日)

    平成26年度 多摩川河川敷清掃活動〜グリーンアクションたまがわ〜

    中央支店は、5月25日(日)多摩川河川敷で開催された「多摩川河川敷清掃活動〜グリーンアクションたまがわ〜」に参加しました。この活動は、多摩川の豊かな自然を守り続ける事を目的に大田区環境清掃部主催で毎年開催されているもので、多摩川河川敷を歩きながらごみを拾い、自然環境保護の大切さを考える活動です。当支店からの参加の他、東京ガスライフバル西大田株式会社、東京ガスリビングライン株式会社、大田区在住の東京ガスOBなど、当社関連団体から170名を超える方が清掃活動に参加しました。

    • 中央支店から5名の参加

      中央支店から5名の参加

    • 当日の清掃の様子

      当日の清掃の様子

    • 33企業・団体、5町会から約1800名が参加

      33企業・団体、5町会から約1800名が参加

  • 2005年9月〜現在

    品川区・WAC・当社協働事業「シニアのための男の手料理教室」

    品川区健康福祉事業部主催の「シニアのための男の手料理教室」。この料理教室は、品川区民で65歳以上の男性を対象とした人気コースで、全10回のコースを受講するものです。買い物をした事がない方もスーパーに買い物に行くところから始まり、修了する頃には、テキパキと料理が作れるようになります。

    当社は、2005年(平成17年)の事業(※)発足当初から品川区及び長寿社会文化協会(WAC)と協働で検討を進め、2007年(平成19年)からレシピの提供、講師の育成、会場となる品川介護専門学校へのコンロ頒布などに協力を行っています。現在も運営等への協力を継続しています。

    (※)一人暮らし高齢者等の自立支援事業
    高齢者人口の9割を占める元気高齢者にむけ、自立の大切な要素である食についての知識を深め、今後の生活に活かせるようなカリキュラムを実施し、介護予防の前提となる自立サポートをするとともに、仲間づくりや社会参加の実現とQuality of Life(生活の質)向上をめざすことを目的としています。

    • 栄養バランスのとれた献立メニュー

      栄養バランスのとれた献立メニュー

    • 同時作業も手際よく調理

      同時作業も手際よく調理

    • 調理風景

      調理風景

  • 2012/12/14(月)

    新宿年末クリーン大作戦に参加

    「新宿年末クリーン大作戦」は、区内在住・在勤の方々や新宿を訪れる皆さまが気持ち良く過ごせるよう、歳末に新宿駅周辺の特別清掃活動を実施するものです。今年は当日の外気温1℃、厳しい冷え込みの中、新宿区長以下区職員や地元商店会、町会、事業者、ボランティア団体等、総勢120団体1,718名が参加しました。東京ガスも関係会社を含め23名が駅東口の清掃に加わっております。新宿駅は1日の乗降客数世界最大と言われており、駅を行き来する方々にも暖かい声をかけていただきました。
    地域社会の一員として、東京ガスグループは今後とも「新宿年末クリーン大作戦」に参加してまいります。

    • クリーン大作戦01
    • クリーン大作戦02
    • クリーン大作戦03
  • 2012/10/20(土)

    「東京ガスカップ 目黒区少年サッカーブロック選抜選手権大会」

    明日の健全な子供たちを心身ともに育成していくとともに、地域とのコミュニケーション向上を目指し、目黒区小学生のサッカー大会「東京ガスカップ」の後援を行なっております。今年で23回目となり、地域に根ざした大会として、定着しています。
    本大会は目黒区サッカー協会に登録しているクラブチーム(16チーム)を4ブロックに分け、ブロック選抜された選手により決勝大会が行なわれます。
    当日は元気なプレーで白熱した試合が行われ、終了後の表彰式では目黒区長を初め、各後援者の代表による挨拶があり、「これからもサッカーを一生懸命続けたら選手となって2020年のオリンピックに出場できるかもしれません」などと激励の挨拶がされました。

    • 東京ガスカップ01

      23年間受け継がれている
      歴史ある優勝カップ

    • 東京ガスカップ02

      表彰式の様子

    • 東京ガスカップ03

      白熱した試合の様子

  • 2011/6/6

    「新宿大通り商店街 花壇の植栽活動へ参加」

    新宿大通商店街は、“安心安全の街づくり”の一環として、新宿駅東口および新宿通りアルタ前より新宿2丁目交差点までの歩道の花壇へ、年2回春秋の季節の入れ替え時期に植栽活動を行っています。
    今回も商店街振興組合からの応援依頼により、東ガス、東電、地域町会、周辺事業者、新宿区役所、新宿警察など約50名が参加し、花壇の植栽活動を6月6日(月)実施しました。

    • 新宿大通り商店街 花壇の植栽活動へ参加01
    • 新宿大通り商店街 花壇の植栽活動へ参加02
    • 新宿大通り商店街 花壇の植栽活動へ参加03

※2012年 南部支店での活動はこちら(旧南部支店

このページの先頭へ