東京ガスTOP > 企業情報 > 採用情報 > 東京ガスグループ採用サイト > 社員メッセージ 森下 翔
東京ガス・エンジニアリング(株) 電気系エンジニア 森下 翔
ガスの安全・安定供給を支える、電気設備設計・現場管理を行っています。
エンジニアリング

東京ガスエンジニアリングソリューションズ(株) 電気系エンジニア 森下 翔

お仕事紹介

安心・安全なガス供給を支える電気設備。それを設計・施工管理する仕事です。

LNG基地でつくられたガスは、パイプラインを通って各家庭まで届きます。広範囲にガスを届けるため、長距離を非常に高い圧力で送っています。そのため、パイプラインには無人で遠隔地から圧力を調整する機能や、大地震等の異常が発生した際にガスを遮断する安全機能を備えた「ステーション」とよばれる設備が一定間隔に設置されています。このガスを安全に安定した供給を支える設備を動かすための電気設備設計・現場管理が私の仕事です。

森下 翔

実はガスを工場や事務所、家庭等に届けるためには、たくさんの電気設備が使われています。
ガスを流すルートの変更や流れる量を調整するガスの安定供給を支える機能、何らかの要因でガス管から高い圧力のガスが噴出した際にその区間だけガスの流れを絶ち、安全にガスを逃がすための設備の重要な部品は電気で動くバルブやその設備に電気を送る巨大な蓄電池設備などの電気設備で構成されています。

このように、ガスを送る設備であっても電気設備は非常に重要なものとなっています。

ある1日のスケジュールはこちら
このページの先頭へ

印象に残っているエピソード

石狩LNG基地設計プロジェクトでは携わる仕事の大きさ、パイプラインの業務ではコミュニケーションの大切さを実感しました。

印象に残っているエピソードは、2つあります。1つ目は2012年に入社してすぐに担当した石狩LNG基地設計プロジェクトです。石狩LNG基地は原料となるLNG(液化天然ガス)を輸入・貯蔵し、製造した都市ガスを札幌や小樽などへ供給する大型基地です。2012年の11月に操業を開始したのですが、変電所や発電機の試運転に携わることができました。北海道の重要なエネルギー拠点の仕事に携わり当社では社会から注目度の高い仕事ができることを実感しました。

2つ目は、現在行っている地方ガス会社さまの電気設備保守・更新業務です。お客さまはガスのプロだけど「電気はさっぱり」という方もいらっしゃいます。そこで電気設備について詳しい説明を求められることがありました。

どのように説明すればスムーズに理解してもらえるのか。いろいろ悩んで試行錯誤した結果、最終的に電圧をガス圧に置き換えて説明してみたところ、納得していただくことができました。
このときに自分の仕事には電気の知識だけでなく、コミュニケーション力も大事なのだと痛感したのを今でも覚えています。

森下 翔
ある1日のスケジュールはこちら
このページの先頭へ
  • この仕事を選んだ理由

    大学では電気を専攻し、燃料電池やエネルギー利用技術を研究していました。漠然と研究を活かした仕事を希望していましたが、需要家までほぼ100%の効率で送ることができるエネルギーの天然ガスに興味を抱くようになり、その上で電気の知識が活かせる会社を探し、当社と出会いました。説明会で電気設備の仕事をされている方と話すことができ、ここではエンジニア1人ひとりの価値が高く、長く働くことができると感じて入社を決めました。

  • 合っているタイプは?

    自ら発信できる人ですね。仕事で接する誰に対しても思ったことをはきはきと話せるタイプが合っていると思います。当社にはこの道数十年のベテランエンジニアがたくさんいます。年齢差もあり、はじめは、意見や相談ができずとまどっていましたが、話すととても優しくわかりやすく答えてくれます。こちらから接点を持てば親身に相談にのってくれる先輩たちばかりです。どんな人にも臆せず、ぶつかっていける人が伸びると思います。

  • 入社前と後ではイメージのギャップはある?

    正直、入社前は建設業だから3K(危険汚いきつい)かも…と心配していました。でも仕事に就いてみると、そんなことはなく、当社がその現場環境をつくり上げていることを知り、お客さまに引き渡した後のことはもちろん、つくるときのことも考えることも重要だとわかったのが、モチベーションにつながる心地よいギャップでした。

  • 必要な資質やスキルは?

    資質としては、まず好奇心だと思います。論理的思考をもとにイメージを組み立て、興味を持つことで、仕事はより楽しくなると思います。スキルとしては、電気主任技術者などの仕事に必要な資格は入社後に取得する必要がありますが、PCでの表計算、CADができると非常に便利で、逆にベテラン社員から質問されることもあります。

就職活動中の学生のみなさんへのアドバイス

就活生のみなさんには、企業の知名度や評判に流されることなく、本当に自分がやりたいことを見つめてほしいですね。定年まで約40年。この長い時間を使って、自分がやり遂げる仕事はどんなことでしょうか。自己分析を通じて、広い視点で自分だけの人生のビジョンを持つことができると、就職活動に役立つのではと思います。

このページの先頭へ

ある1日のスケジュール

森下 翔
  • 6:00
    起床
  • 7:30
    自宅を出発
    始発駅なのでゆっくり座れる
    趣味のエレクトーンの楽譜を読んで、演奏のイメージトレーニング
  • 8:30
    出社
    メールチェック、ミーティング、ベンダーさんへ電話連絡など
  • 12:00
    昼食
    オフィスビルに入っている数件のお弁当屋さんの中から体によさそうなお弁当を選び、自席または仲間と食べます
  • 13:00
    打ち合わせ(社内またはベンダー)
  • 15:00
    客先にて打ち合わせ
    遠方の場合は、移動中に議事録作成しその場からメールで送信
  • 16:30
    帰社
    社内でしか閲覧できない資料に関する業務を済ませます
  • 17:00
    ToDoリスト更新
    今日完了した仕事と明日の予定を確認します
  •  
    資料や図面の作成・チェック
  • 19:00
    退社