災害時のトイレ事情 災害時のトイレ事情

私たちが毎日当たり前に使っているトイレ。
大地震が起きるとトイレはどうなってしまうのでしょうか? また「やってはいけないこと」とは?

災害時、水洗トイレは使えない災害時、水洗トイレは使えない

大地震が起きて、水が止まると水洗トイレは流れなくなります。また、建物が傾いたことで排水管や下水管が破損したら、
水洗トイレを使うことはできません。
多くの人は、水洗トイレが壊れているかどうかを確認しないまま使ってしまいがちです。
しかし、無理に流そうとすると、詰まったり、ウンチやオシッコがはずれた排水管からもれてしまうことがあります。
また、マンション等で上の階のトイレの汚水が下の階のトイレであふれ出て大変だったということもありました。
無事に使えるかどうかがわかるまで、水洗トイレに水を流さないようにしましょう。
大地震が起きたら、まずは携帯トイレを取り付ける‼︎
先手必勝です。

被災地のトイレ事情被災地のトイレ事情

自宅の水洗トイレが使えないと、私たちは使えるトイレを探すことになります。
仮設トイレは強い味方で、災害時には避難場所を中心に設置されますが、建物の倒壊や火災等による道路渋滞の影響ですぐに設置されるとは限りません。
また、基本的に屋外なので雨や雪が降った時や、夜間などは使いづらいのが現状です。
子どもや高齢者にとっては和式で段差があることも課題になっています。
先の震災では、仮設トイレのくみ取りができなかった避難所で便器にウンチやオシッコがあふれ、衛生的にも精神的にも深刻な状況になりました。

避難所に設置された仮設トイレ。
バキュームカーの不足で
封鎖されているトレイも。

仮設トイレの多くは和式トイレ。
イスの座面を切り取って工夫している事例。

提供:NPO法人 日本トイレ研究所

トイレ環境が悪いと病気になる?トイレ環境が悪いと病気になる?

このようにトイレが不衛生で使いづらい状況になると、トイレに行く回数を減らそうとして水分や食事を控えてしまい、
それがきっかけで体の不調を引き起こしてしまうことがあります。
災害時のトイレ問題は心身の健康につながる重要な問題なのです。

■トイレによる健康問題

※便の中のウイルス等が便器やドアノブなどを触れた手から口に入り感染すること

提供:NPO法人 日本トイレ研究所

豆知識トイレをがまんしない~エコノミークラス症候群にならないために~

エコノミークラス症候群は、ふくらはぎなどの静脈の中に血のかたまりができ、血管内を移動して肺を詰まらせる病気です。息苦しくなったり、意識を失い死に至ることもあります。
その原因のひとつは水分不足。トイレに行く回数を減らそうとして「水分は摂らない」と考える傾向があります。
水分をしっかり摂って、トイレを我慢しないこと、そして軽い運動などをして体を動かすことが大切です。

ページトップへ