東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 森里海つなぐプロジェクト > 寄付報告

「パッチョポイント交換寄付」の御礼とご報告

2017年度(2017年6月~2018年3月)「パッチョポイント交換寄付」への皆さまからの温かいご支援とご協力に心より感謝申し上げます。

寄付件数608口、

ポイント総数60,800P
お寄せいただきました!

パッチョ
パッチョ

パッチョ
電パッチョ

皆さまよりご寄付いただいた「パッチョポイント」は、東京ガスからの拠出を加え、公益社団法人日本フィランソロピー協会を通じて、森、里、海と、それをつなぐ川で環境・社会貢献活動を行っている以下5団体に寄付いたします。

※「パッチョポイント」はmyTOKYOGAS会員さま向けのポイントサービスです。ご利用には会員登録が必要となります。東京ガスの各種サービスのご利用や、キャンペーンへの参加により、「パッチョポイント」がたまります。たまったポイントは、提携ポイントの交換等にもご利用いただけます。

「森」「若者」をつなぐ

団体名

特定非営利活動法人 トチギ環境未来基地

所在県

栃木県

活動地域

芳賀郡、宇都宮市

一緒に活動するメンバー

一緒に活動するメンバー

団体紹介

環境保全活動を通じて人と緑を育むことを目的に、2009年に設立しました。
幼稚園や福祉施設の森、荒れた竹林の整備を、個人や企業、若者自立支援団体など、様々なボランティアと共に行っています。
また、将来環境保全分野に取り組んでみたいと思う若者の育成として、日本各地やアジアからの参加者による3ヶ月間の合宿型活動も行なっています。
整備した里山や森林を活かして、自然体験プログラムも定期的に開催し里山への入り口も広げています。
現在力を入れている「子どもたちが安全に楽しく遊べる里山づくり」において、荒れた里山を手入れし、子どもの里山として生かすための整備や子どもたちの体験活動に、この寄付金を活用させていただきます。

活動報告

2018年4月~8月の間に、106人のボランティアとともに、下草刈り、除伐、間伐の作業を10回実施し、きれいになった里山で子どもたちの自然体験活動を2回開催しました。
32人の子どもたちが参加し、「初めて竹をさわった」「自分にものこぎりで木や竹を切れるとは思っていなかった」などの声が寄せられました。

竹林の整備

竹林の整備

里山の整備

里山の整備

自然体験教室でのこぎりを使う子ども

自然体験教室でのこぎりを使う子ども

関連サイト

トチギ環境未来基地HP
URL:https://www.tochigi-cc.org/

「森」「まちづくり」をつなぐ

団体名

地域住民団体 森と地域の調和を考える会

所在県

茨城県

活動地域

常陸大宮市美和地区

会のメンバーと地元協力者

会のメンバーと地元協力者

団体紹介

地域の人口減少や高齢化が進む中、2012年地元有志により地域活性化を目指し発足しました。
間伐によって放置された木材を持ち寄ってもらい、代金の代わりに地域通貨券("モリ券")を発行し、地域で利用してもらう「木の駅プロジェクト美和」を行なっています。
この活動によって捨てられる残材がなくなり山がきれいになるだけでなく、山の安全面や環境面も向上し、地域の人々の交流も進んでいます。
子供たちへの森林教室、地域のお宝発掘活動や街並み整備を行い、内外に地域の魅力を紹介する活動も行なっています。
これらの取り組みを継続するために、この寄付金を活用させていただきます。

活動報告

プロジェクト第13期(2018年6月~8月)、14期(10月~2019年2月)に、寄付金を活用させていただきました。この間、合計263m3の間伐材を切り出すことができ、山の整備が進むとともに、地域通貨「モリ券」を使って、地域の人が頻繁に地元のお店を訪れるようになりました。人々の交流が盛んになって笑顔が増えました。地域のコミュニティーも復活し、ボランティア活動への参加も増えています。自分達の地域の課題を自分達で解決する、自治意識が芽生えてきたと感じます。

参加者の皆さん

参加者の皆さん

切り出した間伐材

切り出した間伐材

「モリ券」を活用して笑顔に

「モリ券」を活用して笑顔に

関連サイト

森と地域の調和を考える会HP
URL:http://miwa-mori.wixsite.com/miwa

「里」「地域住民」をつなぐ

団体名

特定非営利活動法人 つくば環境フォーラム

所在県

茨城県

活動地域

筑波山、茨城県南の里山

筑波山の自然を見守る筑波山ファンクラブのメンバー

筑波山の自然を見守る筑波山ファンクラブのメンバー

団体紹介

「自然と人との共存」をテーマに、豊かな自然のあるまちを未来の子どもたちへ伝えることを目的に2001年より活動しています。
筑波山や茨城県南の里山をフィールドとして、里山の保全活動の実践・人材育成のための環境教育を展開、地域における連携を進めています。
筑波山麓自然学校の企画運営、筑波山ファンクラブ、オオムラサキの棲む里山づくり、幼児親子の自然体験教室、谷津田再生、筑波山麓水源の森づくりなどの事業に取り組んでいます。
これらの取り組みの継続に、寄付金を活用させていただきます。

※谷地にある田んぼ。

活動報告

寄付金で、「すそみの田んぼ」周辺の里山の手入れ活動で使う草刈り機や替え刃を購入し活用しました。秋から冬にかけて雑木林の更新を行いました。

枝の太い部分は地域で薪ストーブに活用し、残った細い枝を楽しみながら活用すべく、12月22日、2月2日の2回、親子・一般向けのイベントを実施しました。
イベントでは、枝を田んぼに運んでたき火を楽しみ、焼き芋や五平餅を美味しくいただきました。森を一周歩いての自然ガイドも実施。残った灰は田んぼの肥料にもなります。手入れされた森の豊かさを多くの方に知ってもらうと同時に、子どもたちが楽しみながら学べる機会となりました。

間伐枝で焚き火

間伐枝で焚き火

草刈りの様子

草刈りの様子

冬山をバックに焼く五平餅

冬山をバックに焼く五平餅

関連サイト

つくば環境フォーラムHP
URL:http://tef298.sakura.ne.jp/

「里」「福祉」をつなぐ

団体名

特定非営利活動法人 東京里山開拓団

所在県

東京都

活動地域

八王子市美山町

手作りの木の上の展望台

手作りの木の上の展望台

団体紹介

東京近郊の荒れた里山を自らの力で開拓し、現代都市社会の抱える様々な課題に、里山を生かし貢献するために設立した団体です。
20~40代のボランティアと、児童養護施設の子どもたちが、美山町の荒れた山林で実施する里山開拓は、これまでの6年間で46回を数え、参加児童はのべ250名を超えました。
自分たち自らの力で道や広場の設置、自然の恵みを活用したかまどやブランコなどの設備・遊具製作、自然の中で四季を味わう活動を通じて、環境保全と社会福祉を一石二鳥で推進しています。
上記の活動の推進にこの寄付金を活用させていただきます。

活動報告

児童養護施設との里山開拓は、2018年4月より2019年2月までに8回実施し、様々な事情で家族と離れて暮らす子どもたちがのべ50名参加しました。
ツリーハウスづくり、広場の拡張、新たな山道づくりなどを通して、自分たちの手でふるさとを作ろうとしています。台風による倒木にもめげず、それをどう活用するか考えるようなたくましさが身についてきました。12月には、今後この里山を子どもたちとともにどう活用できるか、児童養護施設職員とじっくり話し合うことができました。

里山開拓の参加者からも「子どもたちと一緒に里山にいると、時間が経つごとにどんどん心を開いてくれる気がします」「帰り際、子どもたちからしきりとまた会えるか聞かれました。児童養護施設へ子どもたちに会いに行きたいな、と思いました」といった声が寄せられました。

ツリーハウスづくり

ツリーハウスづくり

広場の開拓

広場の開拓

児童養護施設職員との話し合い

児童養護施設職員との話し合い

関連サイト

東京里山開拓団HP
URL:http://satoyamapioneers.web.fc2.com/

「川」「流域住民」をつなぐ

団体名

特定非営利活動法人 荒川流域ネットワーク

所在県

埼玉県

活動地域

荒川流域全体

川の生き物について話を聞く子どもたち

川の生き物について話を聞く子どもたち

団体紹介

荒川を流域住民に親しみの持てる身近な河川にすることを目標に、荒川流域の環境団体が集まり、1995年に前身の団体を結成して以来、流域の一斉水質調査を継続しています。
2007年からは、入間川水系において魚の行き交う河川環境の改善を目的に、アユの放流・遡上調査や、魚捕り・地曳網体験・川遊び等も行なっています。
「里川の生き物を知り、里川を味わう」をテーマに、都幾川、高麗川、越辺川で2018年夏に実施予定のイベントに、寄付金を活用させていただきます。

活動報告

「里川の生き物を知り、里川を味わう」をテーマに、かつて、夏の風物詩として入間川水系の各地で行われてきた地曳網を使ったアユ漁の体験を8月~9月に開催しました。
大人109人子ども91人、合計200人が参加し、参加者からは、「とても楽しく魚の生態を学んだり、網で魚をとるという貴重な体験ができて、ますます自然の恵みに感謝しながら、川を大切にしていかなくてはいけないな、と思いました」などの声が寄せられました。

イベントは、都幾川、高麗川、越辺川の3箇所で開催。写真は高麗川での実施風景。

イベントは、都幾川、高麗川、越辺川の
3箇所で開催。写真は高麗川での実施風景。

越辺川での地曳網

越辺川での地曳網

越辺川で獲れたアユを持つ子ども

越辺川で獲れたアユを持つ子ども

関連サイト

荒川流域ネットワークHP
URL:http://arakawanet.machisapo.com/

このページの先頭へ